キミ、退屈なんでしょ?

このブログは、「コーチング」「自分の感じるもの・考えること」「自分が変化していく過程」「ああああああああーーーーー!!!という叫び」が中心の、見てくれている人の気付きや、毎日の変化の切っ掛けになる様な、24時間365日出会える、「なかだみきと」のフロントエンドです。

壁の模様を走る

<ちょっとしたお知らせ>

あ、Twitterをやってるよ!
フォローミー!

***************

電話をしていると、目線はよく壁の模様を追いかけている。
 
それは、マリオのステージみたいに。
 
線の組み合わせを目でなぞってみたり。
 
ドアと窓の木枠をジャンプさせたり。
 
ついついしてしまう。
 
ヒマなんかな?
 

 

コレなんだろう?
 
みんなはしてないのかな?
 
頭を使っている感覚のときは、ついついしてしまっているんだ。
 
 
そういえば何となく、パズルを組み上げている感覚に似ていて。
 
手悪さならぬ、目悪さだ。
 
アレにも似ているな。
 
道路のマス目に沿って歩くやつ。
 
青だけ踏んでもいい―とか。
 
ああいった、「規則のあるもの」に反応しているみたいだな。
 
なぜそれに反応するのか?
 
そして、なぜそれで遊んでしまうのか?
 
そこに何が隠されているんだろうか?