キミ、退屈なんでしょ?

このブログは、「コーチング」「自分の感じるもの・考えること」「自分が変化していく過程」「ああああああああーーーーー!!!という叫び」が中心の、見てくれている人の気付きや、毎日の変化の切っ掛けになる様な、24時間365日出会える、「なかだみきと」のフロントエンドです。

言いたいことを言う練習をする

<ちょっとしたお知らせ>

あ、Twitterをやってるよ!
フォローミー!

***************

僕は、コミュニケーションの大前提に「お互いのスタンスを確認する」ってのが大事だと思っている。
 
相手が何を考えているか分からない時ほど、怖い時はない。
 
言いたいことも言えなくなる。
 
だからそのために、「お互いのスタンスを確認する」ってのは、すごく良いことだと思うんだ。
 

 

具体的に言うと、話し始める前、出会ったらすぐ、「今自分がどんな感じか、今の気持ち、気になっていること」を話す。
 
コーチングでは「スペースチェック」「チェックイン」とも言うけど。
 
 
それが話すことは、すごいメリットがある。
 
 
まずね、「自分も相手も大事に出来る」。
 
ケンカの原因って、相手の事情はお構いなしに、自分の主張をする。
 
でも大事な人は、一緒にいたいからいるんだよね。
 
大事にしたいよね。
 
それをちゃんと確認出来る。
 
そして、自分の今の気持ちもちゃんと話せる。
分かってもらえる。
 
だから、話しても安心だし、じゃあ、その上でどうするって話が出来る。
 
お互いの上に、ちゃんと話が成り立っているよね。
 
 
あとは、「自分のことをちゃんと言える」。
 
今の自分の気持ちを話すと、ちゃんと受け取ってもらえた感がある。
すごく嬉しいじゃない。
 
理解されているというか。
大事にされているというか。
 
気持ちを話すって、自分に素直になれるんだよね。
僕はなかなか、今思っていること、感じていることを躊躇うんだけど。
 
でも、何度も話していると、「自分の気持ちに正直になる練習」になる。
 
だから、素直に言えたりするんだ。
 
 
最後に、「自分に客観的になれる」。
 
自分の気持ちって、改めて感じようとしないとわからない。
 
そして、頭で考えていることと、感じていることは違うもんだ。
 
 
お家帰って、「どんな感じ?」って言われて「まあまあ」って返す。
 
でも、「違和感」を感じる。
 
それがすごく大事。
 
「ほんとは何かね、なんかモヤモヤしててね、それは午前中にしたミスが何となく引っ掛かってるんだー」
 
そこに気が付ける。
 
もしそのまま話していたら、何か機嫌悪そうになるよね。
 
でも、お互い理由がわかんない。
そのうち、相手を責める合戦に発展。
 
でも、ホントの自分に気が付けたら、素敵じゃない?
 
 
 
という感じで、誰かと話を始める時、必ず、「今どんな感じ?」って聞いて、自分の話もして、会話をしてみよう。
 
きっと、望んでる以上になれるから。
広告を非表示にする