キミ、退屈なんでしょ?

このブログは、「コーチング」「自分の感じるもの・考えること」「自分が変化していく過程」「ああああああああーーーーー!!!という叫び」が中心の、見てくれている人の気付きや、毎日の変化の切っ掛けになる様な、24時間365日出会える、「なかだみきと」のフロントエンドです。

僕はちゃんと、相手の話を聴いているのだろうか?

<ちょっとしたお知らせ>

あ、Twitterをやってるよ!
フォローミー!

***************

ふと思ったんだけど。
 
僕は、相手が何を望んで、どうしたいかってのを全く聞いていない。
 
それを聞かずに話し始めると、話しながら「大丈夫かな?ちゃんと伝わっているかな?」って気にしながら話すことになるんだ。
 

 

本当は、今全部伝える必要はなかったかも知れないし。
 
それは業務として伝えようとしたのか、コミュニケーションの一環として伝えようとしたのか。
 
分からなくなっている。
 
 
下手すると、相手にマウンティングしながら話しているかも。
 
僕、それ嫌いなのにな。
 
 
話したら、それについて返して欲しいと思う。
 
でも、返ってこなかったら、もっと伝えようと頑張っちゃうんだよね。
 
返ってこなかったら・・・確認すれば良いのか。
 
 
きっとね、漫才みたいな、テンポの良い掛け合いを理想としているんだ。
 
でも、僕は向いてない気がする。
 
得意じゃない。
 
 
会話って水物だからさ、焦っちゃうんだよね。
 
焦ると、自分の話ばかり、どうにかしようって話してしまう。
 
そうじゃない。
 
相手が僕に対してどう思っているか?
話していることに対してどう思っているか?
 
聴いても良い。
 
そして、どうしたい?って選んで貰っても良い。
 
それが、相手の話を聴くってことかな?