みきとがわのめせんあ

このブログは、「コーチング」「自分の感じるもの・考えること」「自分が変化していく過程」「ああああああああーーーーー!!!という叫び」が中心の、見てくれている人の気付きや、毎日の変化の切っ掛けになる様な、24時間365日出会える、「なかだみきと」のフロントエンドです。

歴史が好きな人って、ムード大事?

<ちょっとしたお知らせ>

あ、Twitterを始めたよ!
フォローしてちょーだい!

***************

この前、ある人との会話で、面白いことに気が付いた。

 

夏休みのお出かけ 

ある夫婦が、息子さん娘さんと、夏休みだから、「岡山城」へ行ったそうな。

 

旦那さんと息子さんは、どうやら歴史がお好きなようで。どうやら、ゲームの影響らしい。(戦国時代系のね)

 

はしゃぐ旦那と息子。

ウンチクを垂れる旦那に、そうなんだ!とキラキラお目々の息子。

 

奥さんと娘さんは、ローテンションで付いて回ったそうな。

 

ショートカット 

ふいに奥さんが、あるものを見付ける。

「ここに、エレベーターがあるよ!早く上に着けるよ!」

 

息子は言った。

「そんなもんに乗ったら、雰囲気が台無し!乗ったらいけんよ!」

 

結局、エレベーターには乗らず、ぐるぐる、岡山城を見て回り、翌日、奥さんと娘さんは、朝から疲れが出ていた。

 

雰囲気

僕は、息子さんの発言にいたく感心した。

たぶん小学生ぐらいだろう。

それでも、「雰囲気」というものを理解している。

彼の中では、その場所は戦国時代。

 

その場所から、その空気を、肌身で感じ取っているのだろう。

 

そこで僕は、あることを思う。

「雰囲気って、ムードとも言えるな」

 

ムード

歴史好きって、ムードが好きなんじゃないだろうか?

 

デートのとき、お店選びでまず大事にしたい、「ムード」。

 

ゴハンより、店内。

味より、盛り付け。

 

歴史の空気を感じる人は、きっと、お店選びも上手なはずだ。

小学生に、未来の可能性を感じずにはいられない!

広告を非表示にする