読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みきとがわのめせんあ

このブログは、「コーチング」「自分の感じるもの・考えること」「自分が変化していく過程」「ああああああああーーーーー!!!という叫び」が中心の、見てくれている人の気付きや、毎日の変化の切っ掛けになる様な、24時間365日出会える、「なかだみきと」のフロントエンドです。

本棚を整理して、自分の頭と心を整理する

<ちょっとしたお知らせ>

あ、Twitterを始めたよ!
フォローしてちょーだい!

***************

新しい珈琲が届いたぞ!!
 
ちょりーっす!
おら、みきと。
 
「土居珈琲」ってとこで珈琲買ってるんだけど。
メッチャ良い匂いなのさ!
高いけど美味しい!!
 
珈琲フリークには、ギフトとしてオススメだね!
インスタントじゃないよ!
ドリップだからね!
 

 
先日から続けていた、本棚の整理が終わった!
 

本棚の整理する!

ホントは出来心で始めたんだけど。
本棚を買ったとき、適当にしまい込んでいたから、気になってはいたんだ。
 
でも、やり始めると面白かったんだ!
やって正解!

 

やった手順

 
1.ペンと付箋を用意します。

2.本棚を見ながらジャンル分けを何となくします。
ジャンルを付箋に書きます。
全部じゃなくてイイです!
3つぐらいジャンルが挙げらたらOKです。
ココで挙げるジャンルを「大ジャンル」とします。
 
3.本を出しながらジャンルを追加します。
出してる途中に、どんどんジャンルを書きます。
てか、浮かんだキーワードは全部書きます。

その中でも、何か分かれそうだなと思ったら、分けます。
それを「中ジャンル」とします。
私は、1つの大ジャンルに対し、3~4つの中ジャンルが出来ました。
正解不正解は気にしない方が良いです。
直感で!不安だけど!
 
4.全部出し終わったら、まずは眺めてみます
このジャンル異常に冊数多いなとか。
何か、こういう傾向あるよね?とか。
 
 
5.大ジャンルをもう一回眺め、中ジャンル分けが出来ないか、再トライします。
この本とあの本は、何が違うのか?と考えながらね!
後は、この本から何を得たかったのか?とかね?
他人がどう思うかより、自分の考えを思いっ切り反映させましょう。
 
6.中ジャンル毎に、並べた時のことを考えながら、積み重ねてみましょう。
順番が大事です。
この本の後に、この本が来ても良いのかな?
何か違和感がないか?
そんなことを大事にして下さい。
 
7.本棚に戻しましょう
2~3段目は、自分がこれから読みたいジャンルの本を入れましょう。
ゴールデンラインを意識してるんです。
ゴールデンライン=床から約135cm前後の高さ

f:id:kisuke987:20170130212814j:image

よく目に入るモノは、自分の心に届いて欲しいモノにしてみましょう。
もしくは、普段座っているところに本棚が目に入るのでしたら、座るので大体ー30cm=100cmの所の棚を大事にしましょう。

f:id:kisuke987:20170130212826j:image

 

やって良かったとこ

・自分の傾向が分かった
今の本棚は、会社の本棚なんで、ビジネス書が9割なんだけど。
 
その中でも、結構ジャンルあるなーって感じた。
ビジネススキルを高めるモノより、マインドや思考に向かう本が中心に購入されているね。
 

因みに、メインの本は「BBM(ビジネスブックマラソン)」(著者:土井英司さん)というメルマガの書評を参考に買っているよ。
土井英司さんは、元Amazonの日本サイトの立ち上げに参画し、バイヤーとして活躍。
現在は独立して、数多くの著者のブランディング、プロデュースを行っている。
私は会ったことないけど!
 
BBMは、2004年7月に発行開始以来、日刊で発行をし続けているんだ。
今で、12・3年?
すげーーー!
スゴく書評も的確で、思考から戦略まで一貫してる。
知らない人は、是非読んで欲しいな。

 
あと、並べた本を見て、「自分は何を大事にしてるのかな?」という投げ掛けをしてみて。
自分を深めたり、新しい自分を発見できたりすることが出来るよね。
 
・頭と心が整理できた
ジャンルを見てると、「ココあんまり理解してないな」ってのが分かるわけ。
感覚で。
弱点みたいなモノだね。
劣等感みたいな感覚とも言える。
 
読んでない本とかもあるし。
そのジャンルに対して、知識が欠けてるんだよね。
 
次に進みたい方向を考えたとき、そこなんだーって分かるんだよね。
んで、よしやるか!って心構えが出来る。
それが良いよね!
 
・「整理」できた
整理する効果って、実は「使える」ってことが大事なんだよね。
並べることや、きちっとすることが大事じゃないの。
 
すぐ取り出せて、すぐ使える。
これが、整理の効果。
 
逆に言えば、「すぐ取り出せて、すぐ使える」様にするのが、整理の目的
本を並べると、必然的に、この本なんだっけ?って手に取る。
それを全部にするよね。
 
だから、これ系の本がココにあるなって意識が自分の中にセットできる。
それだけで、その本棚は「武器庫」と化す。
 
んで、さっき弱いなと思ったジャンルを優先的に読めば、そのジャンルが磨かれていくよね。
次、自分が読むべき本も見つかる。
 
それが素晴らしいところ。
 

振り返り

やっぱね、達成感有るわ。
ただね、残念ながら、ゴールデンラインは全く生かせていない。
書きながら思った。
 
あと、読んでない本が多いね!
最近は、Kindleとか電子書籍もあるけれど。
 
この本棚があるから、私は紙の本派なんだろうね。
よーっし、明日は何の本を読もうかな?
 
そんじゃーね!
夜更かしされる方、おやすみ!
起きて読んで下さった人、おはよう!
お昼の方、おひるねして!
広告を非表示にする