読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みきとがわのめせんあ

このブログは、「コーチング」「自分の感じるもの・考えること」「自分が変化していく過程」「ああああああああーーーーー!!!という叫び」が中心の、見てくれている人の気付きや、毎日の変化の切っ掛けになる様な、24時間365日出会える、「なかだみきと」のフロントエンドです。

表現が違うし中身も違うけど、何となく同じ

<ちょっとしたお知らせ>

あ、Twitterを始めたよ!
フォローしてちょーだい!

***************

コーヒーがこぼれた!
 
ちょりーっす!
おら、みきと。
 
下の段の机のコーヒーがこぼれたの図。

倒れるコップ。
広がるコーヒー。
その様は、押し寄せる波のよう。
波打ち際には、本。
 
じょわー。
 
ぎゃーーーーーー!
 
ちょっと、本の小口がシミっちゃいました。
 

言葉の違い

昨日、真面目な話をしたけど。
いや、真面目な話はしていないな。
 
僕の中の真面目についての話をしたけど。
 
きっと表現が違うだけなんだよね。
 
そう言うのって、ちょいちょいあるやん。
相手が喋っている言葉が、何となく自分の感覚とは違う感じ。
 
 

 

穴埋め問題

例えば、国語のテストで、言葉の穴埋め問題みたいな感じだと。
 
Aさんは仕事で失敗し、気落ちしている。
あなたは、Aさんに(   )と言う気持ちを思い出して貰いたくて、声を掛けた。
Aさんは、その気持ちを取り戻し、仕事へ意欲的になった。

  

っていう問題があるとする。
ここには、あなたならどんな言葉入れる?
 
何が入る?
何だろうね。
 
情熱・勇気、あと、感謝とか。
愛情もいいね。
楽しさもあるかも知れない。
 
後は何だろう。
初心とか?
敬虔さ、慎みとかね。
 

何となく同じ

こう挙げていくと、何となくカテゴライズ化出来ちゃいそう。
どこを見ているか、どこに焦点が当たっているか。
 
Aさんのエネルギーに直接働きかけようとしていたり。
Aさんの失敗の原因となった、見失っている部分に働きかけようとしたり。
 
言い方も、言いたいことも違うのに、何となく同じに感じてしまう。
それは、ちゃんと相手に向かっているからだと思う。
 
行き違い
でも逆に、言葉が同じでも、言ってること違う時がある。
相手に向かって言ってない感じの時。
 
「お前は勇気が足りないだけだ!もっとガンガン行く必要があるんだ!」って言われると、「それ単に無謀なだけじゃないですか?」って思うときもある。
 
そんなとき、どうしたら良いんだろうね?
いやマジでどうしたら良いんだろうね?
そんな行き違いみたいなのが生まれる瞬間って、すごくイヤ!
 
まあそんな感じで、今話した言葉は、
相手に向かって言ってるかな?
相手のどこに向かって言ってるかな?
って考えてると、素敵な表現になるに違いないと思うこの頃です。
 
 
そんじゃーね!
夜更かしされる方、おやすみ!
起きて読んで下さった人、おはよう!
お昼の方、おひるねして!
広告を非表示にする