読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みきとがわのめせんあ

このブログは、「コーチング」「自分の感じるもの・考えること」「自分が変化していく過程」「ああああああああーーーーー!!!という叫び」が中心の、見てくれている人の気付きや、毎日の変化の切っ掛けになる様な、24時間365日出会える、「なかだみきと」のフロントエンドです。

今日はコーチングのクライアント[33回目]でした

<ちょっとしたお知らせ>

あ、Twitterを始めたよ!
フォローしてちょーだい!

***************

卒業って何だろうね?
 
ちょりーっす!
おら、みきと。
 
今日、後輩の演劇公演を観てきたんだけど。
卒業公演ってね。
 
卒業って何だろうね?
終わるの?
 
次のステップに進むために、「今」にケリを付けることなんだろうね。
 
自らを引き留める理由なんていくらでもあるけれど。
寂しい気持ちも、不安な気持ちもあるだろうけれど。
 
でも、きっと自分に多くをもたらせてくれる。
「自分の人生」にね。
 
一歩踏み出す瞬間なんだろうね。
 

自分の人生の舵を握っているのは誰?

2月23日はコーチングのクライアントでした!
 

 

前回の振り返り

前回のチャレンジは、「コーチングのプロフィールを書き換えてみよう」から、思いついたことをどんどんしてみよう!でした。
 
それが、ドツボにハマってしまったんだ。
色々案は考えて見るけど、いまいちしっくりこない。
 
コーチングって何?
コーチングって何?」
に凄く悩んでしまった。
 
自分では、『「生きる」ということをサポートする』という想いで、やっているんだよね。
 
それをもっともっと表現したいんだけど・・・、という手前で立ち止まっている。
 
自分のコーチン
それは、自分がやっている「コーチング」に、「コレで合っているか?」「役に立てているか?」という、「迷い」が生じることがある。
 
自分は、自分やみんなの中にある「コア」に繋がったコーチングってのをしていきたいんだけど。
 
どうやったら出来るのか?というのが、まだ曖昧なんだよね。
クライアントの中で、「コア」がどんな風に存在しているのかな?って言うところを追い求めていくことが、まだまだ足りないんだ。
 
そこを、追求していくのが次のステップ。
 

今日のお話

テーマ:コーチングって何だろう?
ということで、今回も、コーチング周りのテーマ。
 
さっきの「迷い」が生じること。
そこをもう少し掘り下げていったのでした。
 
迷いが生じる瞬間
コーチングがうまくいっていないと感じる瞬間にやっぱり生じてしまう。
例えば、話を聴きながら、妙に感心してしまうこともある。
 
「このクライアントさんは、自分より凄くきちんと生きているじゃん!」とかね。
 
そうすると、「あれ?自分はホントに役に立てているんだろうか?」みたいに思うってしまう。
 
聞こえてきた「いけない」系の言葉
だから、
・コーチは何らかのことをしないといけない
・コーチは崇高でないといけない
・優れてないといけない
という、こうじゃ無いといけない!に凄く捕らわれてしまうんだよね。
 
だから、クライアントさんの期待に応えたいけど、止まってしまう気持ちがあるんだ。
 
「ベストマン」というサボタージュ
止まってしまうといえば、コーチングでは「サボタージュ」という存在が浮かんでくるのさ。
 
何回か書いているけど。
 
前に進もうとするときに、自分を引き留める「声」や「存在」があるんだよね。
それを「サボタージュ」という。
 
私の中では、「ベストマン」という存在!
コレが今日のメインテーマ。
 
んでさ。
自分が「ベストマン」とメッチャ仲良しだったことに気が付くの!
 
ベストマンに従うと、安心感を与えてくれるんだ。
頭にね。
 
だけど、心はモヤる。
 
「キャプテン」と喧嘩
そこで出てくるのが、自分のもう一人の存在。
心サイドに立つ存在、「キャプテン」
 
自分の中では「ギャル男」。
 
今、ベストマンとキャプテンが喧嘩している状態なんだ。
 
ただし、ベストマンが優勢で。
今、自分の人生の舵を常に握っているんだ。
 
自分がベストマンに力を与えている状態。
 
だからこそ、自分は足踏みをしているんだ。
それがその証拠。
 
気付き
ちょっとね、今回は、サボタージュという存在を思い直すキッカケになった。
 
サボタージュが「前に進もうとするときに引き留める」瞬間だけに顔を出す存在だと思い込んでた。
 
でも、「サボタージュ」って、意外とナチュラルに存在する。
 
もう慣れきってて、親近感さえ湧く!
 
ただ、自分がイヤに冷静なのが気持ち悪いとも感じるんだ。
 

チャレンジ

境界線はどこかな?
ということで、ナチュラルすぎて、自分とベストマンの境界線が自分で分かっていない。
だから、切り分けをしてみる!というのが今回のチャレンジ。
 
日常に潜む、「ベストマン」を探してみよう!
そして、今の行動・決断はベストマン?とキャプテン(ギャル男)?だったかチェックしてみよう!
間違い探しみたいだね!
 
ちなみに今回は、「Todoist」のリマインダーを使って、
ベストマン or ギャル男 どっちの行動・決断?
という言葉が、1時間ごとに出てくる。
 
そこで思い浮かんだモノを、Evernoteに保存する、という手順。
 
さあ、境界線はどこかな?
 
ということで、「マイコーチ」大下千恵さんとのセッションでした!
 
そんじゃーね!
夜更かしされる方、おやすみ!
起きて読んで下さった人、おはよう!
お昼の方、おひるねして!
広告を非表示にする