キミ、退屈なんでしょ?

このブログは、「コーチング」「自分の感じるもの・考えること」「自分が変化していく過程」「ああああああああーーーーー!!!という叫び」が中心の、見てくれている人の気付きや、毎日の変化の切っ掛けになる様な、24時間365日出会える、「なかだみきと」のフロントエンドです。

マウントレーニアと先輩

<ちょっとしたお知らせ>

あ、Twitterを始めたよ!
フォローしてちょーだい!

***************

昔、20歳前後のとき、レンタカーのバイトをしていた。
 
車に乗る仕事が、カッコイイなと思ってたから。
 

先輩

その時、カッコイイ先輩がいたんだ。
 
何でも器用にこなせてて。
 
昔の話では無茶苦茶してて。
 
でも、ひょうひょうとしてて。
 
いつも冷静で。
 
何でも余裕な感じ。
 
大人でカッコよかった。
 
すげえ人だなと思った。

 

大人

そんな先輩に憧れてた。
 
俺の足りない部分を持ってる。
 
そんな気がした。
 
先輩みたいになりたい。
そう思わせてくれる人は、初めてだったかも知れない。
 
追い付きたい。
そんな風に思ってた。
 

マウントレーニア

その当時、バイトに行く前に、私は大体「マウントレーニアのカフェラテ」を飲んでた。
味がすごく好きだったんだ。
 
 
そんで、先輩は、「マウントレーニアのエスプレッソ」を飲んでるのを見かけた。
 
私には、まだ苦くて、エスプレッソは飲めなかった。
 

先輩みたいになりたい

ただ、先輩みたいになりたいな、と思ってた。
 
だから、たまにエスプレッソにチャレンジしていた。
 
やっぱ苦いけど。
 
大人な味がする。
 
我慢することも、大人な感じがした。
 
人のマネをするのは初めてかも知れない。
 
何にも近づけていないけど、近づけている気がした。
 

ブラック

今は、基本ブラックだ。
 
乳化剤なんか入ってると、イラッ!とする。
 
「ブラック無糖」とか書くんじゃねえ!と思う。
 
それぐらいブラックが良い。
 
 
でも、たまに思い出したかのように、「マウントレーニアのエスプレッソ」を飲む。
 
美味いんだ。
 
苦味が美味いんだ。
 
先輩みたいにはなれないけど、先輩みたいに美味いとは思えるようになった。
 
もう、「マウントレーニアのカフェラテ 」は甘すぎて飲めない。
 
 
コンビニのマウントレーニアを見る度に、そんなことを思い出す。
 
f:id:kisuke987:20161127232645j:image
 
そんでは!
夜更かしされる方、おやすみ!
起きて読んで下さった人、おはよう!
お昼の方、おひるねして!
広告を非表示にする