読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みきとがわのめせんあ

このブログは、「コーチング」「自分の感じるもの・考えること」「自分が変化していく過程」「ああああああああーーーーー!!!という叫び」が中心の、見てくれている人の気付きや、毎日の変化の切っ掛けになる様な、24時間365日出会える、「なかだみきと」のフロントエンドです。

アドバイスしたら不満そうな顔されたことからわかる、言葉を外に出す大事さ

コーチング用コンテンツ

<ちょっとしたお知らせ>

あ、Twitterを始めたよ!
フォローしてちょーだい!

***************

愚痴とか言いたい

やっぱりみんな、日々色んなことを感じて、悩んだり、迷ったり、腹が立ったり、悲しんだりしますよね。
 
私がまだ、コーチングのコミュニケーションスキルを学ぶ前のことなのですけど。
普段でも、相談というか、愚痴みたいな話をすることあるじゃないですか。
想いを吐き出す、みたいな。
 

 

やってしまった失敗

私、相手の話を聞いていたんです。
それを聴いていて、私思ったんです。
あっ!苦しんでる!
相手は今、とてもかわいそうな状況だ。
助けてあげなきゃ!!
 
そう思った私は、こう告げます。
ココが悪いから、こうすれば良いんだよ!
 
その後も話し続け、最後に相手からはこう返されます。
「別にアドバイが欲しかったわけじゃない話を聞いて欲しかっただけ!」
 
そのとき正直、私の中では非常に「?????????」となってしまったのです。
 

言葉にして外に出す

今なら分かると思うんです。
例えば、想いを誰に告げないと、何だか悲しい気持ちになるんです。
だけど、何もないところに吐き出しても、虚しくなるんです。
 
だから誰かに、今ある想いを出してみる。
出してみると、「ああー!内側にあった想いは、こんな形、重さ、質感だったんだな」って肌身で感じるんです。
 
言葉にすると、それは外側になるんです。
外側になって初めて想いの確かさが分かるんです。
 
すると、安心するんです。
なぜか、スッキリするんです。
冷静になれるんです。
 
きっとその人は、内側に気が付かないレベルで「何か」抱えていて、それが「何か分からない」けど存在を感じるから、とても違和感があったんじゃないかと思うんです。
 
「何か分からない」のが、一番怖くて不安になります。
ホラー映画とかもね。
分からないときが一番怖いでしょ?
 
 

何でアドバイスしたの?

その当時、一番思っていたのは「行動でしか現状は変わらない」という考えでした。
行動して変えようとしないから、愚痴を言って、いやな気持ちになってしまうんだよ。
そんな愚痴言って、楽しいの
もっと楽しい話した方が、楽しくなれるじゃん
 
そんなことを考えていました。
浅はかですよねー!!!
 
だから、「現状を変えるための行動」をアドバイしたわけです。
非常に社会人らしい、答えでした。
そして、そんなアドバイスできる自分凄いでしょ!賢いでしょ!みたいな匂いもしますね。
 
そうなると、相手からすると、言葉を出して確認したかったところに、邪魔をされた気分でしょう。
きっとね。
私はスーパークソでしたね。
 

今どう思う?

ナシでは無いと思うんです。
アドバイスも。
ケースによっては。
 
ただ、考えないといけないのは、「相手のため」っていうのはどういうことか。
相手が、今望んでるのは何なのか。
今しようとした行動は、「自分のため」になってない?ってのはいつも自分で振り返ります。
 
ここまでしてあげよう!」は先ずもって要らないです。
相手の自己解決能力、なめてんでしょ?とも思う。
一歩階段上るだけで、相手は見える風景が変わると思うんです。
それだけで、相手は自分の足で、立ち上がれるんです。
じゃなきゃ、もうすでに死んでます。
 
私のおすすめは、黙って相手の顔や目を見て頷いて受け止めてあげれば良いんじゃない?と思うんです。
 
 
ただ相手が、自分の殻に閉じこもりすぎているとき。
どうしてもやりたいんだけど勇気が足りないとき。
そんな時は、2歩目まで連れて行くアドバイをしてあげれば良いんです。
 
私はこう思う
あなたはどう思う?って
 

コーチングを学んで

このことは、コーチングのスキルを学びながら気が付いたことです。
と言うと、コーチング自賛みたいになってやらしいですね。
ただ、コーチング凄いなじゃなくて。
 
ほんとは、自分の中に眠っているものに気が付いただけです。
その切っ掛けが、私はコーチングだっただけで。
何かをプラスするんじゃなく、あるものに気が付く
誰にでもあると、私は信じていますよ。
 

ご提案

読んで頂いた方で、昔の私みたいな「スーパークソ」しか周りにいない方は、私のコーチングを受けてみませんか?
階段を1歩2歩上がるお手伝いをしますよ!
まずは、「コーチング」の欄からお読みください。
(まだコンテンツを作ってないです・・・)
 
コーチングメニューと申込はこちらから。 
 
そんでは!
夜更かしされる方、おやすみ!
起きて読んで下さった人、おはよう!
広告を非表示にする