キミ、退屈なんでしょ?

このブログは、「コーチング」「自分の感じるもの・考えること」「自分が変化していく過程」「ああああああああーーーーー!!!という叫び」が中心の、見てくれている人の気付きや、毎日の変化の切っ掛けになる様な、24時間365日出会える、「なかだみきと」のフロントエンドです。

大事にしているものを、受け継ぐ

<ちょっとしたお知らせ>

あ、Twitterをやってるよ!
フォローミー!

***************

昔から、父とあまり会話をしてこなかった。
 
特に、会社を継いで欲しいとも言われなかった。
 
それでも、僕は今、何かを受け継いでいる。
 

 

一言で言うと、「責任」だ。
 
昔、会社から帰ってきた父は、疲れているように見えた。
 
そして、いつも何かを考えている顔をしていた。
 
いつも気を張り巡らせている。
 
そんな感じ。
 
 
その姿から、僕は「仕事って大変なんだな」って印象を受け取っていた。
 
尊敬とか、すごいなとか、あんまり思わなかった。
 
 
時は経ち、それでも大人になって仕事をする。
 
色々経験したり、悩んだり、間違ったり。
 
だんだん「こうしたい!」って、こだわりや、意思が出てくる
 
 
その時、改めて見る父の姿は、変わってくる。
 
 
今の僕から、昔の父の姿から見えるものは「責任」だ。
 
家族や会社を、こぼれ落ちないように、危険がないか常に見ている。
 
大事にしているからだ。
 
 
昔は分からなかった。
 
 
なんとなくなんだけど。
 
僕の中の大事にしているものが、知らず知らずのうちに、父と同じに感じてしまう。
 
いつの間にか。
 
やり方は違うけれど、やっぱり大事にしているものは一緒だと思う。
 
 
それは、受け継ぐ意志があるとかないとかじゃない。
 
伝わっているものであるんだ。
 
受け継いだあとに、受け継いだのだと気がつくんだ。