キミ、退屈なんでしょ?

このブログは、「コーチング」「自分の感じるもの・考えること」「自分が変化していく過程」「ああああああああーーーーー!!!という叫び」が中心の、見てくれている人の気付きや、毎日の変化の切っ掛けになる様な、24時間365日出会える、「なかだみきと」のフロントエンドです。

ますたーでーた

<ちょっとしたお知らせ>

あ、Twitterをやってるよ!
フォローミー!

***************

会社の資料とか、PC内を整理していると、個々人が作ったデータが山積している。
 
そうすると、どのデータを加工して良いか分からなくなる。
 
だから必ず、正式な元データ「マスターデータ」を用意しとかなくてはいけない。
 

 

でもこれは結構、難しい。
 
散々苦労した。
 
あるデータベースを作ろうとして、データを集める。
 
そこからだ。
 
データを統一化する「クレンジング」が全然出来ない。
 
てか、元データからして、明らかに間違っているモノもあるし。
 
そして、そのデータが、どんな風に算出されたかの「式」も全然見えてこないし。
 
 
データベースを作るのに、もの凄い苦労した。
 
 
でも、これがないと、「迅速な意志決定」が不可能になる。
 
「見積もりしてー」とか言われたとき、2週間も掛かった上に、採算が合わなくなったりする。
 
そんなことが起こったりする。
 
 
そんなお馬鹿な意志決定をしないために、「統一されたマスターデータ」はとっても大事なのだ。