キミ、退屈なんでしょ?

このブログは、「コーチング」「自分の感じるもの・考えること」「自分が変化していく過程」「ああああああああーーーーー!!!という叫び」が中心の、見てくれている人の気付きや、毎日の変化の切っ掛けになる様な、24時間365日出会える、「なかだみきと」のフロントエンドです。

生きているだけで苦しい人を救いたい

<ちょっとしたお知らせ>

あ、Twitterをやってるよ!
フォローミー!

***************

今日、急に出てきた。
僕は「"生きているだけで苦しい人"を救いたい」という願いがある。
 
僕が最大級にしたいこと。
これからしていきたいこと。
 

生きているだけで苦しい

 

 

単純に、自分がそうだから。
僕は、生きてるだけで全然苦しいよ。
 

自分はダメダメ

自分がままならない。
殻にすぐ閉じこもる。
自分の言動を気にする
出来る人を見て妬む。
朝起きるのが辛い。
責務を投げ出したくなる。
先延ばしをしまくる。
約束を破る。
そんな自分がダメダメすぎて、生きてる価値なんてない気がする。
 
未だに、自分の言動に自信がない。
常に不安だ。
 
素敵じゃない自分がすること
僕は、人の生きるエネルギーを後押しし、なりたい自分を共に探求する、「コーアクティブ・コーチング」という活動をしている。
 
でも、「そんなダメダメな自分」がそんな活動するのは、おかしいんじゃないのかな?って心の何処かで思ってる。
 
うまくいかないんじゃないか、期待に答えられないんじゃないか。
 
だから、
「もっとダメダメじゃない、もっと素敵で、キラキラ輝いて、自信に満ち溢れて、迷わず囚われない自分にならなきゃ!!!!」
そんなふうに思っている。
 
 
そして、そこを探求する度に、自分の出来なさ、不甲斐なさにぶち当たって、さらに自信がなくなる。
そんなバッドループを繰り返しをしていた。
 

素敵になれない

でも、僕は「"生きているだけで苦しい人"を救いたい」という願いが出てきた。
 
よくよく考えてみる。
 
「僕が素敵じゃないと、あなたは素敵になれないの?」
 
何となく違う。
 
自分はこんなにすごく素敵だ。
だからあなたを救える。
 
じゃない。
 
僕は素敵ではないし、自分のことが未だに上手じゃない。
 
それでもいい。
自分の出来がどうであれ、「生きているだけで苦しい人を見て救いたい」という気持ちは変わらない。
 
僕の願い
 
あなたに素敵になってもらいたい。
その笑顔を見て、笑い声を聞いて、心躍るあなたを見てみたい。
 
僕一人で生きていてもつまらない。
誰かと分かち合いたい。
共感したい。
共鳴したい。
世界がつまらないなんて、もったいなさすぎて嫌だ。
 
そこも、僕がどうあろうが変わらない。
 
そして、"生きているだけで苦しい人"と感じる僕だからこそ、"生きているだけで苦しい人"により向き合っていけるだろう。
 
その縁に、静かに立っている気がする。
広告を非表示にする