キミ、退屈なんでしょ?

このブログは、「コーチング」「自分の感じるもの・考えること」「自分が変化していく過程」「ああああああああーーーーー!!!という叫び」が中心の、見てくれている人の気付きや、毎日の変化の切っ掛けになる様な、24時間365日出会える、「なかだみきと」のフロントエンドです。

納得したい!

<ちょっとしたお知らせ>

あ、Twitterをやってるよ!
フォローミー!

***************

僕は結構、「納得したい!」って気持ちが強い。
 
他人にも、それを求めている気がする。
 

僕の中にある「納得」という感覚

 
交渉や話し合いにおいても、いちばん大事にしているのは「納得しているかどうか?」だと感じる。
 
コレは何なのだろうか?
 

 

僕の「納得」

納得ってのは、させられるものではない。
 
強制的行為ではなく、自発的行為。
 
「仕方がないからやるかー」ではなく。
「それならこうやろうかー」って。
やらされ感を含まない。
 
それが僕の思う「納得」だ。
 
「納得がない」と僕は必死
 
じゃあ、「納得がない」とどうなるんだろうか。
 
何となく、全体が進まなくなるし、相手が敵になると思っている。
相手は殻にこもり、こちらの否を指摘し、全体の崩壊を望むと思っている。
 
そして僕は、 「こうして欲たい!」って言ったことの責任を問われる気がする。
 
だから、必死に相手が納得してもらえるように、あれこれ考えをめぐらし、表情を伺い、お互いのたどり着きたい場所を探すんだ。
 
「納得」の先に
ほんとはね。
 
納得でやるっておかしいって思ってるんだ。
納得の行き着く先は「妥協点」。
限界・上限が決まっている。
 
それがイヤっていうのは分かっているんだ。
 
ほんとはね。
「共鳴」ってのでやりたい。
お互い・みんなの「それ良いじゃん!!!」って部分が重なって、そこから前に進んでいきたい。
チャレンジしてみたい。
 
今まであった限界を超えて、その先に。
 
自分の中身が震えるぐらい没頭して、ワクワクする。
 
納得から共鳴へ。
 
それがいいんだけどなー。