キミ、退屈なんでしょ?

このブログは、「コーチング」「自分の感じるもの・考えること」「自分が変化していく過程」「ああああああああーーーーー!!!という叫び」が中心の、見てくれている人の気付きや、毎日の変化の切っ掛けになる様な、24時間365日出会える、「なかだみきと」のフロントエンドです。

ルールは嫌いだけど、好き

<ちょっとしたお知らせ>

あ、Twitterをやってるよ!
フォローミー!

***************

僕は割とルールを守るほう。
 
赤信号とかちゃんと守る。
 
でも、これを守れって言われると、ぶち切れそうになる。
 
ルールを押しつけられるのは嫌い!!
 

 

「ルールは破るためにある」とか言う人がいるけど、どうかな?と思う。
 
僕は、「全体効率のため」だと思う。
 
全員がそう動く方が、全体的にお得だからだ。
 
 
信号は守らなくても良い。
横入りはしても良い。
人は殺しても良い。
 
誰か一人にそんなルールが適応されると、それをカバーリングするエネルギーがいる。
 
不平不満がどこかで生じる。
 
それに抵抗する力はない。
 
だって、ルールは「強制するだけの根拠」があるものなんてないから。
守らないと効率が悪いだけ。
 
「信賞必罰」と、「自分もやってるから」って同調圧だけで成り立っているから。
 
 
そして、考えないでいることで、脳みそと精神のエネルギーを節約出来る。
 
だから、効率が良いんだ。
 
と、思う。
 
 
でもね、それがどんなに効率的か教えてくれないと、やりたくない。
面倒くさいヤツだね。
 
でも!
納得出来たら、必ず守る。
素直だね。
 
そんで、もっと効率の良い方法が出来たなら、そっちにルールを作り替えるのも良いなーとも思う。
 
 
ルールってさ、守る守らないで、その人の基準が分かって面白いよね。
 
何を軽んじて、何を大切にしてるか、反映されてるよね。
 
 
だから、ルール、嫌いなんだけど、好きなんだよね。