キミ、退屈なんでしょ?

このブログは、「コーチング」「自分の感じるもの・考えること」「自分が変化していく過程」「ああああああああーーーーー!!!という叫び」が中心の、見てくれている人の気付きや、毎日の変化の切っ掛けになる様な、24時間365日出会える、「なかだみきと」のフロントエンドです。

もっと深いところまで

<ちょっとしたお知らせ>

あ、Twitterを始めたよ!
フォローしてちょーだい!

***************

自分は優柔不断なの。
何か一つ決めるのに、時間が掛かってしまう。
 
そう思ってた。
 
でも僕は、決めた後も迷っている。
 
「これで良かったんだろうか?」
 
それは優柔不断じゃない。
 
僕は、「妥協しない」人間だ。
 

 

おおよその人が、何となくの良いイメージのモノを掴み、何となく幸せになってゆく。
 
僕には、何となくが許せない。
 
 
でもそのクセ、ずっとその「何となくのエリア」に留まり続け、「何となくの答え」の中から自分の正解を、必死に選んでは捨て、を繰り返していた。
 
それがやっと最近になって気が付く。
それは、ほんと最近の出来事。
現在進行形。
 
ひょんなことから、僕は、自分と相手に今必死に向き合い続けている。
 
外の世界じゃない、内側の世界。
 
自分とこんなに深く向き合い続けたことは久し振りだ。
 
そして、僕が一番出来なかったこと。
 
それは、「相手と向き合い続ける」こと。
相手が何を考え、何を大事にし、それにどれほど共感出来るか
同じほど大事に出来るか
その上で、どれほど自分が関われるか
 
頭じゃなく、感覚で向き合っている。
 
 
その僕からさっきの話。
「何となくのエリア」にいた僕。
 
やっぱりそこじゃない。
 
「あ、僕の求めていた答えは、このエリアには自分の求めている答えはないんだ」って今気が付く。
 
きっと普通じゃない答え。
それは、おおよその人がイメージの中で描ききれる範疇にない。
 
それでもなお。
やっぱり怖い。
一歩踏み出した先は、お化けの世界だ。
どうなるか分からない。
 
今はトンネルのなかだ。
 
でも、出口には次の世界が待っている。
それが見えている。
 
僕の大好きな世界が待っているんだ。
広告を非表示にする