キミ、退屈なんでしょ?

このブログは、「コーチング」「自分の感じるもの・考えること」「自分が変化していく過程」「ああああああああーーーーー!!!という叫び」が中心の、見てくれている人の気付きや、毎日の変化の切っ掛けになる様な、24時間365日出会える、「なかだみきと」のフロントエンドです。

世界は立体的にあると、感動的

<ちょっとしたお知らせ>

あ、Twitterをやってるよ!
フォローミー!

***************

僕は景色が好き。
 
海、浜辺。
 
海岸線、水平線。
 
流れる雲。
 
空色。
 
シンプルなのが好きなんだ。
 
ちょっとぐらい寂しい方がいい。
 

 

ゴミゴミした景色はあまり好きじゃない。
 
なんだろう。
 
目移りしちゃうかな。
 
 
僕は、味わいんたいんだろう。
 
その味わえるテーブルが広くないんだ。
 
そこに乗っけられるものは、多くない。
 
だから、多くあると集中し切れなくて、気持ちが良くない。
 
 
そういう意味では、オーケストラとか楽しめないのかな?
 
音がいっぱいあると、落ち着かないかも。
 
三重奏ぐらいが、良いかもね。
 
 
でね。
 
景色を見ながら、例えば、海辺。
 
海の青。
空の雲。
揺れる波。
煌めく水面。
磯の香り。
 
それに音を足してみる。
 
寄せては返す波の音。
カモメの鳴く声。
 
遠くの汽笛。
 
 
そうすると、景色は、より鮮やかに感じられる気がするんだ。
 
世界が立体的にそこにあるように。
 
そして、自分の中の感性が充足していくように。
 
そんな気がするんだ。
 
 
多く受け取るってのは、意味があるのかもしれない。
 
ただ見ててつまんないと思う時は、その場の音に耳をそばだてて見る。
 
と良いかもしれない。