キミ、退屈なんでしょ?

このブログは、「コーチング」「自分の感じるもの・考えること」「自分が変化していく過程」「ああああああああーーーーー!!!という叫び」が中心の、見てくれている人の気付きや、毎日の変化の切っ掛けになる様な、24時間365日出会える、「なかだみきと」のフロントエンドです。

枠というもの

<ちょっとしたお知らせ>

あ、Twitterを始めたよ!
フォローしてちょーだい!

***************

人間誰しも、自分はこんな感じだっていう「セルフイメージ」がある。
 
そのセルフイメージは、「自分のしたい!から出来上がってる」のか、「自分の役割から、こうしなきゃいけない!から出来上がってる」のか。
 
大きな違いだ。
 

 

コーチングで、「自分のしないといけないことじゃなく、自分のしたいことは何?」ってよく投げ掛けるけど。
 
全然、何にも出て来ない。
というのはよくある。
 
何となくね、「枠」みたいなものを感じる。
 
思考のベースが「枠」にはまって、「しないといけない」から抜け出せない。
 
男性が、女性目線で考えろって言われも、無理!みたいな。
 
 
んで。
僕の「枠」って話だけど。
 
僕は「枠」を持たないように努力してるんだ。
 
男性だから、専務だから、コーチだから。
色んな枠にはまりがち。
 
僕は僕でいたいのに。
 
その不自由さが嫌い。
 
 
だから、その「枠」っていうものを、無意識的に避けているんだ。
 
良いことなんだけど、何となく、無理矢理感も感じる。
 
力みとか、そうじゃないといけない!みたいな。
 
そこが、何となくネックな気がする。
 
そこがいつか、僕がうんうん言ってしまうんだろうね。
広告を非表示にする