キミ、退屈なんでしょ?

このブログは、「コーチング」「自分の感じるもの・考えること」「自分が変化していく過程」「ああああああああーーーーー!!!という叫び」が中心の、見てくれている人の気付きや、毎日の変化の切っ掛けになる様な、24時間365日出会える、「なかだみきと」のフロントエンドです。

ご褒美と牛乳

<ちょっとしたお知らせ>

あ、Twitterを始めたよ!
フォローしてちょーだい!

***************

ちょりーっす!
おら、みきと。
 
そろそろ寒くなってきたけど。
コレ美味しかったよ!
マジで!
コンビニで買えるよ!
 
今日牛乳の話するけど、コレでもいいぐらい。
 
今日のブログはここから↓

ご褒美を自分に

ご褒美を自分にあげたくなる瞬間ってあるよね。
あれ頑張ったから、これ買おうとか。
これから頑張るから、これ買おうとか。
 
買うだけじゃなく、スマホでゲームするのもそう。
疲れたからゲームしようってね。
 

 

コンビニで買うお菓子

僕、よくコンビニでお菓子を買っちゃうんだけど。
なんとなく、後ろめたさを感じながらね。
 
まあそれでも、次への活力になってるし。
ちょっとぐらいなら、いいだろう。
今日が終わらないと、明日も大変だし。
 
そうやって、自分の気持ちを言い訳で塗りつぶす
まあいいじゃんって。
 

クセ付く言い訳

言い訳をすると後ろめたさを感じる。
それをお菓子の美味しさでごまかす。
 
それで現実がなんとかなってる。
うまくいってるように思う。
 
その時点でもう、最初の後ろめたさに触れることができなくなる。
折角ごまかせたんだから、もう後戻りしたくないよね。
 
もう言い訳のオンパレード。
手放せなくなる。
 
ごまさないための牛乳
今日コンビニに行った時に、その流れに気が付いた。
これは、まずくないか?
 
味を感じる
空腹を満たす
このことで、「何か」から目をそらしてる。
 
だけどまだ、何かを買わずにはいられない。
衝動買いも、ごまかしの一つだから。
悩んだ挙句、僕が選んだ選択肢は「牛乳」。
 
味がそれほどなく、お腹もそれほどたまりはしない。
 
本当に求めるもの
苦肉の策だったけど、飲んで感じたことがある。
自分の何かが切り替わる」感覚があった。
 
普段からいろいろごちゃごちゃ考えたりする。
だけど、何かのきっかけがないと、そのスイッチを切ることができない。
 
何か食べたり飲んだりする事って、そのスイッチがオフになる。
 
だからきっと、安心を求めてるんだな。
 
これからは、ごまかすためじゃなく、安心を得るために牛乳を飲もう。
 
そんじゃーね!
夜更かしされる方、おやすみ!
起きて読んで下さった人、おはよう!
お昼の方、おひるねして!
広告を非表示にする