キミ、退屈なんでしょ?

このブログは、「コーチング」「自分の感じるもの・考えること」「自分が変化していく過程」「ああああああああーーーーー!!!という叫び」が中心の、見てくれている人の気付きや、毎日の変化の切っ掛けになる様な、24時間365日出会える、「なかだみきと」のフロントエンドです。

「台風の日の運転」で気をつけるべきこと

<ちょっとしたお知らせ>

あ、Twitterを始めたよ!
フォローしてちょーだい!

***************

今日は台風だね。
僕は岡山に住んでるけど、直撃だよね。
 

台風の日の運転

台風直撃の日に、車でお出かけする外せない用事があったんだ。
 
・・・ヤバかったよ。
 
運転する人は、以下のことに気をつけた方が良い。
 

 

台風の風の方向

風と向き合う方向に向かって運転すると、フロントが見えない
 
ワイパー VS 暴風雨で、暴風雨にワイパーが勝てない
 
風と向き合う方位に進むときはノロノロ運転しよう。
 

夜とライト

さっきの暴風雨と相まって、下が見えない。
 
台風の日じゃなくても、結構な大雨が降る時も同じ。
 
水浸しの道路って、車のライトが反射する。
 
だから、白線が見えない
 
どこ走ってるか分からない!!
コレ危ないよ。
凄く焦る!
 
あと、雨が霧状になる。
 
霧にライトが当たると、全然見えなくなるんだよ!
 
知ってた?
 
ダブルの効果で下が見えなくなる。
 

対向車のスプラッシュ

正式名称は分からんけど。
 
対向車が水たまりを通った時に、水がパーンと跳ね上がる
 
それが、こっちに襲いかかってくる。
 
それがフロントにバババって音とともに、降り注いでくる。
 
それをスプラッシュと呼ぼう。
アレ、ビビるよね!
 
なるべく、2車線以上の道で、左を走ることをオススメする。
 

隣の進行車のスプラッシュ

敵は対向車だけじゃない。
 
もし2車線で、自分の右側に走ってる車がいるとしよう。
 
自分が斜め後ろにいたとする。
 
そうするとね、右斜め前の車がスプラッシュした時に、自分がもろかぶりするよ!
 
それも焦る。
 
なるべく前に走ってる車のお尻につこう!
 

一番死ぬ状況

以上の点を踏まえ、台風の日に一番死ぬ状況を教えてあげよう。
・光、街灯の少ない道路(山道、土手沿い)
・片側一車線
・対面がトラック
・風と向き合って進行
 
この状況が一番死にます。
 
主に心臓が。
 
それを踏まえて、台風の日のドライブをエンジョイしましょう!!!
 
余談1
昔、レンタカー屋で働いてるときに、台風の日に「2トンアルミトラック」を運転することがあった。
 
そん時は、風でハンドルが取られることがあったな。
 
みんな結構、風で横転するのを想像するけど。
 
それはあんまり無いんじゃないかな?
 
あくまで、個人の感想ね!!
 
出ないのも一つの手だよ!
 
余談2
ちなみに、マックはドライブスルーが行列だった。
 
イオンモール岡山は、17時閉店だった。
 
車は半分ぐらいの通行量だった。
 
台風の日でも出かけるヤツもいるし、珍現象も起こる。
 
それも面白かったな。
広告を非表示にする