みきとがわのめせんあ

このブログは、「コーチング」「自分の感じるもの・考えること」「自分が変化していく過程」「ああああああああーーーーー!!!という叫び」が中心の、見てくれている人の気付きや、毎日の変化の切っ掛けになる様な、24時間365日出会える、「なかだみきと」のフロントエンドです。

過去を眺めていると、寂しさがこみ上げてくるのさ

<ちょっとしたお知らせ>

あ、Twitterを始めたよ!
フォローしてちょーだい!

***************

過去の写真を巡る

この前、あるきっかけで過去の写真を見てて。
 
あー。
ココで撮ったなとか。
 
あー。
こんなこともあったなとか。
 
あー。
昔の自分こうだったなとか。
 
過去のいろんなことが思い出される。
 
その一時は、楽しめたんだけどね・・・。
 

 

こみ上げてくるもの

でもね、しばらく見てると、ちょっと自分の様子がおかしくなる。
 
何か、自分の胸に嫌な感じが広がったんだ。
 
「あー。もうあの過去には戻れないんだ」っていう、ノスタルジーとか、寂しさみたいなのもなのかな。
 
それはきっと、きっとね。
 
取り戻せない過去を感じてる気がする。
 
良い過去でも、悪い過去でも。
 
どうしたって、あそこには戻れない。
 
もう止まってしまった世界の様に感じている。
 
死んじゃう
この嫌な感じって、アレと似てる。
 
時たま、夢うつつのとき、「あ、人は死んじゃうんだ」ってなるとき。
 
すごくイヤだ。
 
でも、思い出しちゃう。
 
僕にとって、「死」って「無」の世界のイメージ。
 
これは一体なんだろうね。
 
まあ、つまりね。
 
僕は、過去の写真を見るって言うのは、好きじゃないんだ。
 
広告を非表示にする