みきとがわのめせんあ

このブログは、「コーチング」「自分の感じるもの・考えること」「自分が変化していく過程」「ああああああああーーーーー!!!という叫び」が中心の、見てくれている人の気付きや、毎日の変化の切っ掛けになる様な、24時間365日出会える、「なかだみきと」のフロントエンドです。

裸の王様

<ちょっとしたお知らせ>

あ、Twitterを始めたよ!
フォローしてちょーだい!

***************

近況

 
ちょりーっす!
おら、みきと。
 
今朝、早く目が覚めてしまった。
 
何にも無いのに。
腹立つ。
 
これ、昼になったらボーッとする気がするぞ!っと思った。
でも、二度寝出来る気がしない。
 
くっそーーーー!!!!
 
今日のブログはここから↓
 

無自覚であった

昨日からちょっと続いてる話だけど。
 
僕は常日頃、何か隠してるっていうか。
気を遣っているって言うか。
良いことも悪いことも、本音を言わないということが、ちょいちょいあるんだよね。
それに無自覚。
 
昨日はそれに気が付いてしまった!と言う話。
 

 

感覚を隠す

なんで出さなかったんだろうか。
 
例えば、相手の言動に「もやっ」とすることはあるけどさ。
その、もやっと感を無視する。
 
感じても口に出さない。
頭の中で、言葉にもしない。
 
それで、自分が反射的に怒ることもしないし、不愉快な感じを自分で持たなくなる。
 
表現すると倍増される事ってあるからね 。
 
だから意図的に出さない
 
それでうまくいってると思ってたんだ
 
でもショックだったのは、「周りの人から見たらバレてた」って話だ。
 
バレていないと思っていた。
 
まるで裸の王様ですなー。
 

僕はイヤらしい人間

本当は、自分でも分かってた。
分かってて、隠してた。
それに気づきたくなかった。
 
隠すことで良い人ぶれる
それって、自分がイヤらしい人間みたいじゃん?
 
だから!そこにも気付きたくなかった。
 
自分は分かっている
人のことだったら絶対気付く。
その自信はある。
 
それを自分に向けるのが怖かった。
嫌だった。
イヤらしいと分かっていながらも、気づきたくなかった。
 
だから、無自覚だったんだ。
 
だけど、こっから先はそのヴェールを脱いで生きていかなきゃいけない。
心がそう望んでいるから
 
世の中の正しさじゃ無く。
 
自分がそうありたいからだ。
 
感情を表現する。
 
誰かにぶつけたり、イライラを解消するためじゃなく。
 
誰かを思うためにじゃなく。
 
心と言葉の壁を作らず、発していく
 
その風通しの良さこそ、自分が求めているものなんだ。
 
そんじゃーね!
夜更かしされる方、おやすみ!
起きて読んで下さった人、おはよう!
お昼の方、おひるねして!
広告を非表示にする