みきとがわのめせんあ

このブログは、「コーチング」「自分の感じるもの・考えること」「自分が変化していく過程」「ああああああああーーーーー!!!という叫び」が中心の、見てくれている人の気付きや、毎日の変化の切っ掛けになる様な、24時間365日出会える、「なかだみきと」のフロントエンドです。

僕はどこかで人に気を遣っている(大阪でマーケティング&コーチング講座に行ってきたよ)

<ちょっとしたお知らせ>

あ、Twitterを始めたよ!
フォローしてちょーだい!

***************

近況

 
ちょりーっす!
おら、みきと。
 
帰りの電車の座席でウトウトして、すれ違い電車の音で、「ビクッ!!!!」ってなる。
 
急に心臓バクバク
 
おじいちゃんだったら、速攻病院送りだな。
 
まあ、逆に寝過ごさずに良かった。
とも言えるかな?
 
今日のブログはここから↓
 

〜お客様に信頼されるあなたになるために〜 「プロコーチに学ぶ『売れる・紹介される・ご縁がつながる』関係性構築」講座に行ってきたよ!

疲れた~!!!
 
まるで10キロ走った感じ。
 
でも、シンドさより、達成感が上回ってる。
 
心の窓を開けて、飛び込んでよかった!!
 

 

マーケティングとコミュニケーション

講座を一言で言うと、「顧客との関係とは何なのか?」
 
「顧客とのコミュニケーション」という課題に、コーチングを応用してみよう!という提案と実践の講座でした。
 
主催は、西畑 良俊さんと、出野 和子さん。
(ちなみに、出野さんはMBAホルダーなのがしゅごい!と思ってしまった。未だにMBAという名前に憧れ)
 

コーチングをビジネスのコミュニケーションに

僕の学習しているコーチングは、「その人自身の成長」という部分がベーステーマに置かれる。
 
その人がどうしていきたいか、どうなりたいかというのを、継続的に支援していく。
 
その積み重ねが、その人自身のすっげー!姿を後押ししたり、コレがなきゃソンビになっちゃう!な感じになっちゃう。
 
というのが、僕の頭の枠
 
ただ、今回は、それをビジネスのコミュニケーションに取り入れたらどうなるか?というのを受け取った。(あくまで、僕の視点)
 

目からうろこ

実は、参加者で唯一僕だけがコーチだったの。
 
あとは、普通のビジネスマン。
 
そこで僕は、「コーチングとはこんな感じ」という固定概念を打ち砕かれる
 
なぜって?
 
コーチングを「普通のコミュニケーションツール」として捉えてなかった。
 
そこでは普通の意見がバンバン飛び交う。
 
「同じ話を聞き続けるのも、話し続けるのも疲れる」
「話が長い」
「聞いてて話に興味がなくなったから、話題を変えたい」
「テーマを決められると、話しづらい」
「気を遣って話しすぎ」
 
これコーチングじゃないよね?とも思いながら。
 
でもね!!!
みんな、心から話してて、心から聞いている!!!
 
全部、隠さない本音。
 
なんじゃこりゃ!!!
 
そっか。
 
コミュニケーションの根底には、「本音」ってのがなきゃダメなんだ。
 

面白くない

僕的にもう一つ衝撃な出来事。
 
僕のコーチングを見て、
悪い意味で面白くない対談みたい、全然あなたらしくない
 
ぎょええええええええ!!!!!!!
 
・・・まさに。
僕は、深い気付きに至ったんだ。
 
 
その日、午前までは自分全開で、適当に、コーチングとか全く無視で、感じるままに、気負わず、聞いたり話たりした。
 
ものすごく楽しい、雑談みたいに。
 
我ながら、「今日いつもと違うな・・・」と感じていた。
 
心から無邪気な自分
何か、すごく楽しかった!
 
それが午後。
相手のコーチをしよう!という、コーチモード。
それがいけなかった。
全然、自分を発揮できていなかった。
無邪気さがない。
 
日頃、自分のコーチングに違和感を覚える瞬間であり、原因
 
そこを、ドカッと言われた。
思い当たるフシがありすぎて、ちょっとショックに耐えられない自分。
 
言葉に詰まる。
半泣き。
残りHPが1しか無い。
 
(正直、順番が一番最後でよかった。10分ぐらいショック状態。)
 
このショックがなかったら、僕の気付きは1年後かもしれない。
めったに出会えないチャンスだった。
 
受け入れるまでに、時間は掛かるけれど。
 
気を遣っている
あと僕は、いつもどこかで誰かに気を遣っているらしい。
 
そんな指摘を受けた。
(その人、すごいなと思った)
 
たしかにそうなんだろう。
 
なんとなく分かりながら、どの部分か無自覚だった。
 
気を遣わない状態=無邪気な自分という感じ。
 
自分の興味がなかったら無いって言っていいし、面白くなかったら面白くないって言っていい。
 
まじかー。
 
それってして良いのか?
 
普通の会話だったら良いけど・・・。
 
でも、何となく、自分の答えに近い気もするんだ。
 
もう一歩。自分が進化できるトビラを、少し開けられた気がする。
 
 
だって今日は、少しでも、自分らしくあれた実感があったから。
 
帰りに、ビルの水道工事の人に、エレベーターで「詰まってたんですか?」って聞けたし。
 
今日こそ、「感謝」という言葉が似合う日はない。
 
 
そんじゃーね!
夜更かしされる方、おやすみ!
起きて読んで下さった人、おはよう!
お昼の方、おひるねして!
広告を非表示にする