みきとがわのめせんあ

このブログは、「コーチング」「自分の感じるもの・考えること」「自分が変化していく過程」「ああああああああーーーーー!!!という叫び」が中心の、見てくれている人の気付きや、毎日の変化の切っ掛けになる様な、24時間365日出会える、「なかだみきと」のフロントエンドです。

今、何を捨てるの?

<ちょっとしたお知らせ>

あ、Twitterを始めたよ!
フォローしてちょーだい!

***************

近況

 
ちょりーっす!
おら、みきと。
 
アンティカのマスターの川崎さんが、「どん兵衛(きつねうどん)を食うために、僕は有機野菜を食ってるんだ!」って熱弁してくれた。
 
全然理解できなかったけど、めっちゃ面白かった。
 
「家事して運動したから、おやつ食べてもOK!」って言ってる主婦の、行き過ぎたバージョンだなと思った。
 
今日は絶好調だな。
 
今日のブログはここから↓
 

会議の資料どう作ってる?

もうちょいで会議だ。
でも・・・資料が全然できてない!
そんなとき、どうする?
 
まあ、実際あったんだけどね。
 

 

固定概念

僕の中で作る時に気になるのは、「ちゃんとしたものを作らないと!」っていう固定概念。
 
みんなが見やすいように。
わかりやすいように。
理念が共通するように。
会議がスムーズに進むように。
 
これが、頭の中をグルグル回って、迷うし、頭が痛くなる。
 
捨てちゃう
いらないいらない。
全部捨てちゃいな。
 
そんなん絶対、誰も褒めてくれないから!
その資料良かったわー!なんて、誰も言わない。
 
それだけ、必要じゃないんだよね。
 
もっと手を抜いて、大事な事、したいことをしようよ!
 
デザイナーになる!
それがもし、自己満足だと罵られようが、整った資料作りがしたくてしたくて、寝る間も惜しんで、脳みそのホルモンがどっぱどっぱ出て来るなら、それはもう、天職じゃない?
 
デザイナーとして大成するかもよ?
 
そうじゃないなら、違うかもね。
 

確かなデータ

資料を作る上で、一番重要で、手間が掛かるのって、データかな?
 
で、その「確度」を確かめるために、ものすごく時間がかかる。
裏付けだね。
 
例えば、合計データって、一回それで合ってるかどうか、確認したい時がある。
特にお客さんに出す数字とか。
 
でも、社内なら、そこまで裏付けとらなくても良いんじゃないかな?
 
てか、ランクを付けるべきだと思うよ。
A:裏付けとった
B:裏付け取ってないけど合ったデータ
C:そのまま使うとまずい仮データ
 
って感じで。
 

どれが要るかわかんない

だってね。
どの数字が役立つか、全然わかんないんだもん。
 
ほんとに!
 
話し合って初めて、あ、この数字大事だったなって分かることが多い。
 
逆に、それあんまり要らんかったなってデータもある。
 
大事だなと思ったデータだけ、裏付け取れば良いんじゃないかな。
 
じゃないと、精神的作業負担がめちゃでかいよ?
 
あと、間違ってるかもしれないよ!ってのを受け入れる社内風土も、あると仕事がしやすくなるんじゃないかな?
 
しつこいの嫌い!
色んなことに神経質になりすぎて、緊張しまくってると、いいアイデアなんか浮かばないし、ビジョンの共有なんかも出来なくない?
 
だから、全部に気を配る姿勢を要求されることは嫌い!
 
面白くないから。
 
いらないものは、とりあえず捨てちゃおう!
 
そんじゃーね!
夜更かしされる方、おやすみ!
起きて読んで下さった人、おはよう!
お昼の方、おひるねして!
広告を非表示にする