キミ、退屈なんでしょ?

このブログは、「コーチング」「自分の感じるもの・考えること」「自分が変化していく過程」「ああああああああーーーーー!!!という叫び」が中心の、見てくれている人の気付きや、毎日の変化の切っ掛けになる様な、24時間365日出会える、「なかだみきと」のフロントエンドです。

それだけが全てではない側

<ちょっとしたお知らせ>

あ、Twitterを始めたよ!
フォローしてちょーだい!

***************

「暴君すっぱネロ」は、餃子のタレ味!
 
ちょりーっす!
おら、みきと。
 
食ってみろ!
そんな味するからさ!

 
 

「在宅医療」と言う選択肢

ガイアの夜明け」を見たんですよ
2017年5月9日放送第765回
人生、最期まで〝我が家〟で...〜家族で向き合う「在宅医療」〜
そんなテーマだったんだけど。
 
僕、凄く心が動かされたんだ・・。
 

 

ガン末期患者

端折って言うけど、「ガン末期患者の奥さん」とそれを支える旦那さん。あと、息子夫婦かな?(詳しくは観てなかったんだけど。)
「在宅医療」を望んで、お医者さんが訪問で緩和ケアを行う。
 
そして桜の季節、花見をすることが出来た。
それから間もなく、安らかにお亡くなりになった。
 
僕が感動したのは、葬儀を終えた旦那さんの感想のシーン。
言葉は覚えていない。
ただ、表情だけを覚えている。
 
「亡くなった悲しみはあるが、悔いが全くなさそうな顔」
 
誰かが亡くなるとき
僕は、誰かの死と向き合ったとき、そんな顔が出来るだろうか?
全く悔いの無い顔が出来るだろうか?
 
それをもたらせること程、価値があるものは無い。
もの凄いことだ。
 
それだけが全て
お医者さんの命題は、「患者さんの命を救うこと」だ。
でも、それだけじゃ無いことを、旦那さんの表情が言っている気がする。
 
サービスがどうのこうのじゃなく、そんな選択肢も有りだと思う。
必要とし、求めていると感じる。
 
そして僕は、きっと「それだけが全てでは無いよ」側に立ち続ける。
そういう自分でありたいんだ。
それが「自分の生きる意味」であり「生きる価値」であると思うんだ。
 
テレビをボーッと見ながら、そんな風に思う。
 
 
そんじゃーね!
夜更かしされる方、おやすみ!
起きて読んで下さった人、おはよう!
お昼の方、おひるねして!
広告を非表示にする