読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みきとがわのめせんあ

このブログは、「コーチング」「自分の感じるもの・考えること」「自分が変化していく過程」「ああああああああーーーーー!!!という叫び」が中心の、見てくれている人の気付きや、毎日の変化の切っ掛けになる様な、24時間365日出会える、「なかだみきと」のフロントエンドです。

遊んで何が悪い!?

<ちょっとしたお知らせ>

あ、Twitterを始めたよ!
フォローしてちょーだい!

***************

今日は何もしないデー。
 
ちょりーっす!
おら、みきと。
 
今日は何もしませんでした!
自分からはね。
 
たまには何もしないという選択肢も、有りだと思うよ。
 

今日は「こどもの日」

ちーまーきーたべたーべー・・・って歌あったなー。
今日は「こどもの日」ですね!
僕も子供になる!!!
 

 

僕は子供

うそうそ。
だって、僕はいつでも子供!
 
子供ってのは、こんなイメージ。
・とにかく一心不乱
・こだわりがとてつもない
・キッカケが興味本位
・行動が無謀
・本気で思ってる
・考えがフワフワしている
・色んなことをグルグル考えている
・イヤなことを完全拒否
コレが子供だ!
 

大人から見た子供

子供の時、大人になりたくないなーなんて思ってた。
何か面倒くさそう。
子供の目には、そう映ってたんじゃないかな?
 
あと、働くってのも何かイヤだった。
何か怖かった。
 
大人ってどうなのよ?
大人になって(仕事をする様になって慣れてきた頃)、社会は死ぬほどじゃないけど、あんま好きじゃ無い気がして。
何か、楽しい雰囲気じゃ無いんだよね。
 
自分を押し殺して、偽って。
色々我慢して。
役割を演じなきゃって。
 
凄く固定概念に捕らわれている感じ。
とにかく好きじゃ無い世界だった。
 

何がしたい?

僕は、社会の中でも、ずーーーーっと、この子供の感覚ってのを忘れたくなかった。
無くなったら、死んじゃうと思っている。
だからこそ、僕は子供なんだ。
 
だけどさ、「したくないことはしない!」で良いよ。
でも、社会を拒否して、生活を放棄することは出来なかった。
「引きこもる」という選択肢ね。
 
だからこそ問題になるのは、「何がしたい?」ってこと。
僕はそれが長らく無かった。
だから、当分娯楽に逃げていた。
 
目の前の娯楽
漫画読んだり、ネットしたり。
 
自分に安易な刺激をもたらしてくれるもの。
簡単に言えば、暇つぶし。
息抜きかな。
 
そうね。
どれも、「本気」になれないことばかり。
 
自分のしたいこと
最近、それが何となく分かってきたことがある。
それがってのは、したいことがってことね。
 
僕は、誰と心からの雑談がしたかったんだ。
コレは昔っから結構変わらない、したいこと。
 
僕は「誰かと」って言うことがしたかったんだ。
 
遊ぶこと
それは結局、誰かと遊ぶ感覚に近いかも。
真剣に仕事するってのは、好きじゃ無い。
 
子供みたいに、あれこれ「これいいんじゃない!?」って言える相手が欲しかった。
そんな人と、娯楽ではなく、遊びがしたい。
 
遊び=仕事でもいい。
遊び=研究でもいい。
遊び=イベントでもいい。
 
僕はずーーーーっと子供だから。
大人になんてなりたくないんだから。
 
そんな感じで今日も生きています!
 
 
そんじゃーね!
夜更かしされる方、おやすみ!
起きて読んで下さった人、おはよう!
お昼の方、おひるねして!
 
広告を非表示にする