みきとがわのめせんあ

このブログは、「コーチング」「自分の感じるもの・考えること」「自分が変化していく過程」「ああああああああーーーーー!!!という叫び」が中心の、見てくれている人の気付きや、毎日の変化の切っ掛けになる様な、24時間365日出会える、「なかだみきと」のフロントエンドです。

あれ?感情って何だっけ?

<ちょっとしたお知らせ>

あ、Twitterを始めたよ!
フォローしてちょーだい!

***************

映画見に行きたいな-。
 
ちょりーっす!
おら、みきと。
 
映画は観たいんだけど。
映画館へ一人で行きたくない。
 
寂しいから。
多分。
 
「ラ・ラ・ランド」観たいな-。
一緒に映画行ってくれる人、連絡待ってます!
 

感情って何だろう

「感情」というものが、急に分からなくなった。
 
自分の中に無いような気がして。
優先順位が低い気もするけれど。
 
今スゴく上手く説明出来ないけれど。
 

 

感情をぶつけられる

暖かい人っているよね。
そういう人は、スゴく感情的を大事にしてるんだなーって何となく思う。
 
怒りでグワーッて立ち向かってくる人もいる。
そういう人も、感情的だなーって思う。
 
そういう人達に比べると、何だか「自分が冷めている」気がするんだ。
 
感覚派
私は「感覚派」なんだ。
物事のとらえ方が。
 
その「感情」も、体の感覚として捉えている。
例えば、悲しみは、肩に静かに力が入る感じ。
怒りは、みぞおちと上半身が分離する感じ。
 
でも、それはホントの意味では「感情」じゃない気がするんだ。
 
感情ってのはもっと「エネルギーな感じ」がする。
 
頭派
後ね、頭派でもある。
 
日常で色んな行動をするときに、専ら「知的好奇心」で動き、「感覚」でその現象を捉えようとする。
 
簡単に言うと、「なにそれ?」から「自分に置き換えるとどうかな?」をする感じ。
 
それがどうなってるのか?どこから生まれているのか?全体が繋がるとどうなるのか?っていうのをスゴく突き詰めたがる。
 
つまり、「どうなってるか?」を知りたがる。
 
それが、感情に入っていく邪魔をしている気がする。
 
感情に支配されている?
色々考えていくと、感情に支配されている感じが好きじゃないのかも。
 
何か怖い感じ。
 
支配されるんじゃなく、何か違う形で、自分なりの「受け入れ方」っていうのを探っていきたいなーっていう途中。
 
 
そんじゃーね!
夜更かしされる方、おやすみ!
起きて読んで下さった人、おはよう!
お昼の方、おひるねして!
広告を非表示にする