読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みきとがわのめせんあ

このブログは、「コーチング」「自分の感じるもの・考えること」「自分が変化していく過程」「ああああああああーーーーー!!!という叫び」が中心の、見てくれている人の気付きや、毎日の変化の切っ掛けになる様な、24時間365日出会える、「なかだみきと」のフロントエンドです。

今日はコーチングのクライアント[32回目]でした

<ちょっとしたお知らせ>

あ、Twitterを始めたよ!
フォローしてちょーだい!

***************

え?チョコレート
 
ちょりーっす!
おら、みきと。
 
チョコレートにウキウキしなくなってしまった・・・。
学生の頃は、ラッキー本命チョコとか期待してのに!!
 
ということで、コレとコレ下さい。
いや、普通のおやつで。
好きなんで。
明治  メルティーキッスくちどけラム&レーズン  4本×10箱

明治 メルティーキッスくちどけラム&レーズン 4本×10箱

 

 

 

俺がコーチングで大事にしたいのは・・・・

2月10日はコーチングのクライアントでした!
 
余談
ていうか、最近テーマが「コーチング」になることがね。
まあ、気になってるから出るんだけど。
 
それオープンにして、クライアントにどんな影響があるか、わかんねえし。
ぶっちゃけ、迷ってる姿を見せるってのはどうなんかな?と。
少し気になるって言うか。
 
あんま正気の沙汰じゃねえってのは、何となく分かってるんだけど。
 

 

「自分はこういう人間なのです」というところを示す方が、良い気がしてる。
自分のあり方からのやり方として。
 
六本木ヒルズの屋上で、金の風呂に入って、ワイン飲んでる姿から、イメージブランディングも有りかもしれないけれど。
 
自分が出来ること。
逃したくないモノ。
 
そういうのを伝えたいのよね。
 
 
あと、話し出すと、話題があっちゃこっちゃ行くから、整理がてらここで言ってるってのもあるけど。
 
まあ、そんな余談でした!
 

前回の振り返り

前回からのチャレンジは、「「何もしない」時間を作ろう!」
 
・マジで何にもしない時間(1時間30分)
・するべきことをしない時間(3時間)
 
コレを、7日間やってみたんだ!
 
それはね、『「するべきこと」はあるんだけど、何かやる気がおきない・・・』ってとこに何があるのか、「行動してみて確かめてみよう!」っていうとこから。
 
因みに、このやってみたことと、どうなったか?っての「詳細」はまた今度まとめる!
 
マジで何にもしない
いっそのこと、何もしなかったら、そこから何が生まれるんだろう?
そんな問いから出たチャレンジ。
 
コレが困る。
何もしないって、何するの?
死ぬの?
ってなるじゃん。
 
ザックリ言うと、要は「止まってみよう」ということ。
 
とりあえず、やったのは、
・移動しない(手足もなるべく動かさない)
・音楽/映像はOK
・途中眠くなるのは仕方ない
こんな条件下でやってみた。
 
やってみるとね、やっぱ色々出てくる!!!
 
でも一番大きな気付きは、「私、焦ってた」という気付き。
 
それは、
・やらなきゃ!
・やりたい!
・やったほうがいいんじゃないかな?
っとかっていう思いが、ごちゃごちゃになって、「頭がパンク状態」で何かやろうとしてたからなんだね。
 
そんで、自分の中にあった「焦り」ってのは、「重たい感じ」がしたんだ。
 
でも、「重たい感じ」ってのがスワワァァァって消えていく感じがしてね。
良く効く薬みたいに!
それは「おおおぉぉぉぉぉ!」っていう体験だった。
 
「止まってみること」によって、自分の中に何が起きてるのかっていうのを、一個ずつ取り出して確かめることが出来たんだよね。
 
するべきことをしない
こっちの方が、難しかった!
 
何だったら「するべきことをしていないこと」になるのだろか?
・読書
・音楽
・動画
・映画
要は、受け身なことだね。
 
あとは、一応例外だけど「フィードバック(振り返り)タイム 」もOKにした。
 
やりながらね、合ってるのだろうか?っていうことを一つ一つ確かめていく。
これはやるべきことなのだろうか?ってね。
 
その中心にあったモノは、「どこで自分はやろうと思ったのか」。
「すべき」「すべきじゃない」中で、実際「やろう!」と思ったのって、どこからなんだろうか?
 
その発生源ってのは、どこから沸いてくるのだろうか?
まだ、ハッキリとした言葉にはなっていないけれど。
 
違いがあるな!って言うのは実感したんだ。
 
味わい尽くす
この2つのチャレンジで、得られたこと。
自分の「したかったこと」。
 
それは、「一つ一つを味わい尽くすこと」。
 
いつも流されながら、何かを「こなしている」。 
曖昧なまま、自分が何をしているのか、その結果どうなるのか、分からないまま「やる」ってのに気が引けてたんだ。
 
自分は、「やること」に対して、一つ一つ確かめながら、そこにどんな思いが詰まっているのか「味わい尽くしたかった」と感じたんだ!
 
体感派
あとね、やってみる前と、やってみた後は、必ず何かが変わっているのだ!
 
だから、実際やってみないと分からない。
何が出てくるのか。
どう感じているのか。
それが良いものでも悪いものでも。
 
それが、自分の体を通ってなかったこと自体が、何となくイヤだったんだ!
実感がなかった。

頭が先行して、心で感じる・体で感じていることと、かけ離れる。
その瞬間に感じていた、「違和感」みたいなものが無視出来なかった。
 
自分はつくづく、「体感派・感覚派」何だなと実感したんだ!!!
 
やっぱね、その「違和感」を無くして、頭と体の「一致感」から「やる」ってのをしたいね!
 

今回のお話

テーマ:自分が「大事」にしたかったことは何?(仮)
今回は、気持ちのままに突っ走ったので、明確に「テーマ」っていうのを設定しなかったんだけど。
 
色んなことで、たくさんの人に「行動の後押し」して頂いたけれど。
「やる」という部分で、戸惑ったことがあって。
 
何か、「大事なものを自分が見落としている」気がしたんだ。
「ムリヤリことを進めようとしている」感覚が有ったんだ。
 
「やってみると違う」ということは分かる。
 
そこに抵抗感。
「何か違う」感じがすごくあった。
それが今回のテーマ。
 
「おもてなし」とムリヤリ感
コーチング中の「ムリヤリ何かを進める感覚」に違和感があって。
例えば、「グッと押し込む言葉」が言えなくて。
「やろうよ!!」とか「こうしてみようよ!」ってね。
 
「自分が感じた相手への願い」っていうのを「押しつけている」みたいでさ。
 
じゃあ、実際それを避けてしようするじゃない?
 
そうすると、何だかコーチングというより、相手を「おもてなしちゃう」感じなんだ。
「今日もようこそ、来てくれてありがとうございます!」っていう感じ。
 
でも、それをやっちゃうとさ。
「コンテンツの良し悪し」でなくて、「接客の良し悪し」になっちゃう。

サービス業かい!!
 
結果
それでも、「コーチングの結果」ってのを感じて欲しくて。
ぶっちゃけ、「あなたの役に立っていますよ!」って感じて欲しいじゃない!
 
いや、役に立つって分かり切ってはいるんだ。
だけど、それが何?っていうと、モゴモゴ・・・。
 
そこら辺に、少し迷いみたいなものが生じていたんだ。
 
「おっ?君、及び腰で、誤魔化しながらしてるね~」ってね。
自分の中で、「確かなもの」「コレだ!っていうもの」がしっかりしてなかったんだ。
 
コア
じゃあ「確かなもの」「コレだ!っていうもの」っていうのは何さ?
 
自分のコアにあるもの。
自分に今一度、問うてみる。
 
自分の答えは、「心から」。
 
自分がホントに「心から」そう感じている。
そこから「やりたい!」と思っている。
それが一番大事なことなんだ!!!
 
それを一番なくしたくなかったんだ。
 
「何となく」じゃなくて「確かにある」もの。
「正しさ」や「理屈」や「みんなが言ってること」じゃなくて!
 
 
それを「相手」にも体感して欲しいんだ。
それを一緒に探しに行きたいんだ!
そしてもっともっと、「心から」っていうのを、分かって欲しいんだ!
 
それが自分の目指す「コーチング」なんだって。
そして、自分の「コア」なんだって。
 
満ちる夕日
それと今回、とっても実感したことがあって。
自分には、人生の目的で「満ちる夕日」というものがある。
 
人生の目的
「自分はこういう風でありたい!」っていう、「正にこういうのが自分なんだよ!」って言うのを言葉で表したものなんだ。あなたがあなたであるために「抜かしては成り立たないもの」、あなたにエネルギーを与え「その通りに生きてみたい!」と実感出来る気持ちを表したものなんだ。
 
その言葉の感覚が、自分の「コア」と強く共鳴したんだ。
 
「何もしない」で夕日を見ていたんだ。
そうするとね、オレンジのゆっくり暖かい光が、優しく自分に差し込んでくるような気がして。
 
その光は、縮こまって隅っこで、色のない世界で一人でいる自分に当たる。
それがね、何だか「」だなって感じたの!
 
そこからインスピレーションで、リストの「愛の夢」を掛けて、さらにこの「ぎゅっとしたエネルギー」に浸る。
 
自分はこの、「心にある確かな感覚」から生きていきたいんだなっていうのを、より実感したんだよ!
 
そんな心が打ち震えるものを、誰かと共有したいんだなって思ったのさ!!
 
コーチングに名前を
ということで、自分のコーチングに名前を付けてみよ―のコーナー!!
 
何だろうね。
相手の心から「コア」っていうのを一緒に見に行きたいんだよね。
 
それはイメージで言うと「心臓」。
そう、心臓鷲掴みコーチング!
ダサい!
 
心臓を掴むと言えば「魔女」!
魔女コーチング!!
 

 
魔女コーチ:ひっひっひっ・・・お前さん・・・自分の「心から」ってのを実感したいんじゃろ?そかっら、自分らしい生き方ってのをしてみたいんじゃろ?自分らしい選択ってのをしたいんじゃろ?それにはお前さんの心臓を掴ませてもらわにゃいけんぞえ?
 
クライアント:怖い!!!でも、「心から」生きてみたい!お願いします!!ひと思いにやっちゃって下さい!!(自分で胸ガバー。手足枷ガシャンガシャン。)
 
うん。
まあ、こんな感じ。
 
絶対伝わんねえから、もっとカスタムしないとな!
 

チャレンジ

コーチングのプロフィールを書き換えてみよう
今回は、コーチングのプロフィールページorフロントページを書き換えて、そっから思いついたことをどんどん行動に移していくというチャレンジをします。
 
自分のコーチングのページって、どことなく「おもてなし感」があって。
さらに、「どことなく優しいけど、それだけの人」ってたまに言われることがある。
 
・・・うん、せやな。
 
まだまだ、自分が出ていない。
もっともっと、魔女コーチング(仮)から、こういうの一緒にしていこうよ!!って投げ掛けが出来るようにするのだよ!
 
ということで、「マイコーチ」大下千恵さんとのセッションでした!
 
そんじゃーね!
夜更かしされる方、おやすみ!
起きて読んで下さった人、おはよう!
お昼の方、おひるねして!
広告を非表示にする