キミ、退屈なんでしょ?

このブログは、「コーチング」「自分の感じるもの・考えること」「自分が変化していく過程」「ああああああああーーーーー!!!という叫び」が中心の、見てくれている人の気付きや、毎日の変化の切っ掛けになる様な、24時間365日出会える、「なかだみきと」のフロントエンドです。

眠たい夜に・・・振り返る

<ちょっとしたお知らせ>

あ、Twitterを始めたよ!
フォローしてちょーだい!

***************

 

ふわーん。
ねむい!
 
ちょりーっす!
おら、みきと。
 
今日はどんな一日だったかな?
 
今日も色々やって、色々気が付いたよ-!
素敵な一日だった!
 
さっき、これ食った!

f:id:kisuke987:20170106232315j:image

 

YWT

 
最近、YWTってイイなーっておもってさ。
Facebookのタイムラインで見たんだけど。
 
すごくそうだわー!と、あとで思って。
 
個人的には、PDCA取って代わるもんだと思っている。
 
今回は、「組織の中において」という話だよ!
個人でやるのは、好きなの使ったら良いと思うけど。
 
 

YWT

 
  • Y:やったこと
  • W:わかったこと
  • T:つぎにやること
 
のループを回しながら、振り返りから行動に繋げていく手法のこと。
(本文には振り返りの手法と書いてある)
 
何が良いか。
 
「モチベーション」を保ち続けることが出来る。
ループを回すとは、「継続していく」ことが前提である。
 
 

PDCA

 
  • P:計画
  • D:実行
  • C:評価
  • A:改善
のループを回す。
精密なPを持って、具体的なDを行い、的確なCを実施し、効率的なAを行えば、結果が出る。
 
まあ、どれも難しんだけど。
一番のモチベーションを下げる原因なのは、Cである。
 
「評価する」というのは、指示する方も、実行する方も、距離感が出てしまうんだ。
やらされ感を生みがち。
 
てか、ぶっちゃけしんどい!
 

分かったこと

それと比べ、YWTが良いなと思ったのは、「わかったこと」。
 
「わかったこと」というのは、その体験を「どう捉えているか」。
自分の体験から「何を学んだか」というのを出してもらうこと。
 
そこから出てくるモノを「どうしていきたいか」に結びつけられれば、良い学習機会になる。
 
ちょっと説明っぽい話をしてしまった。
 

まとめ

何か実行したら、
「あなたはそれをどう捉えたか」
「どう思ったか」
「何を学んだか」
「そこから何が出てくるか」
「次はどうしたいか」
 
なんてことを、個人と向き合って話を聞いてあげたら、自発的にやり出すんじゃ無いかな?
もちろん、上っ面のことを聞くんじゃ無くてね。
 
あとね、これだったら毎日出来る。
毎日何かしら変化してるから。
それに気が付かせるトレーニングにもなるよ!
 
取り入れてみて!
 
 

振り返り

ということで今日の個人的な振り返り。
 
自分にハマりすぎたらこうなるんだー!と言うことに気が付けた!
でも、そこに行かないと確認出来ないことでもあった。
今までは、中途半端な位置に留まって、「ベスポジ-」とか考えていたんだけど。
それは、どっちに行って良いか分からないのを助長しているだけだった。
 
一回端っこに振ってみる。
その経験が無いと、ホントに行ってみたい方向にはたどり着けない。
 
今までは、怖いよーで進め無かった。
それが出来ていたことに気が付けた。
 
すげえ。
 
そんな感じ!
 
そんでは!
夜更かしされる方、おやすみ!
起きて読んで下さった人、おはよう!
お昼の方、おひるねして!
広告を非表示にする