読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みきとがわのめせんあ

このブログは、「コーチング」「自分の感じるもの・考えること」「自分が変化していく過程」「ああああああああーーーーー!!!という叫び」が中心の、見てくれている人の気付きや、毎日の変化の切っ掛けになる様な、24時間365日出会える、「なかだみきと」のフロントエンドです。

コレ言ったら絶対ヤバい話だけどメチャ興味ある【その2】

<ちょっとしたお知らせ>

あ、Twitterを始めたよ!
フォローしてちょーだい!

***************

お昼寝のためのハンモックが欲しい!
 
おーっす。
おら、みきと。
 
この記事を書いて、変な人と思われないか心配。
違うな。変な人は元から。
 
あれだ。
結婚のこと書いて、避けられて、幸福な結婚ができなくなるかも知れないのが心配!
 

前回の続き

ilovetoilet.hatenablog.com

 結婚に対する「へーそう」並みのジレンマを言い出したみきと。

そこで、以下の記事。
この「予防医学者の石川善樹さん」の結婚のプロセスがすごい面白い!というのを言い出して、止める。
 
この続き。

 

科学的な結婚のプロセス

 
ー ノーベル賞を取った先生の「人はどのように結婚をするのか」という論文を読んで、それにしたがって結婚をしたんです。
 
ー まず結論から言うと、「良い人がいたら結婚しよう」と考える人はいつまでたっても結婚できないです。「結婚する」という意思決定が先にあって、その後、良い人に巡りあえるんです。
 
ー 結婚相手を決めるときの直感の使い方も、ちゃんとわかってるんです。今までの人生で付き合った人たちがいますよね。あえてその人たちに点数をつけて、比べるとします。点数のつけ方は第一印象の点数や、付き合っていくなかで出てくる他の点数を合わせた総合点ですね。そしたら最高得点を取った人が出てくるじゃないですか。で、その人とほぼ同等の点数だと思える人が現れたら、すぐに結婚を申し込んだほうがいいんです。
 
ー 数学的には、お付き合いした最初の5,6人とは結婚しないほうがいいです。
 
ー 僕はもう出会った瞬間に「この人だな」と思ったので、すぐに言ったんです。「あなたに決めました。結婚してください」と。

 

 
まとめると
1.結婚を決めます
2.5~6人と付き合いますが、結婚しません
3.5~6人を点数化します
4.最高得点を取った人と同等の点数の人に、すぐ結婚を申し込みます
5.待ちます
 
すげえええ!
石川善樹さんは、趣味が「論文を読むこと」らしく、科学的な見識と、裏付けのある知識が豊富にある・・・んだと思います。
(ここら辺は会ったこともないのに、若干鵜呑みにしています)
一見ロジカルに見えないのに、科学的に裏打ちされた方法。
一つ一つに納得がいく!
 
あれ?みんなしっくりきていない?
 

就職のプロセス

例えを就職のプロセスに置き換えると非常に良いかと思います。
1.就職を決めます
2.5~6社で働きますが、永久就職はしません
3.5~6社を点数化します
4.最高得点を取った会社と同じ会社に、アピールします
5.待ちます
 
うん!なぜかロジカル!
特に、2が非常に良い!
 
2が良い点
2の条件が確実に実施される前提だが
  • その期間に集中できる
  • どんどんチャレンジが出来る
  • 客観的に眺めることが出来る
  • 選択肢が広がる
  • 失敗から学ぶことが出来る
  • 自分の思考に集中しやすい
 
1社に固執しなくて済むので、様々な角度から眺めることが出来る。
沢山の気付きがあるはずだ!
(ちなみに何かに拘泥したり、ジレンマに挟まったりした瞬間、思考の自由は無くなると思え!)
 
良いこと尽くめ!
 
デメリットはというと・・・。
思い当たらない!
 
なんでそういう制度がないんだ!
やったことない!
 
インターンシップって、点数化するの?
 
 

パートナーを見つける(今回のヤバイ話)

就職のプロセスから、結婚に移すと、内容そのまんま!
 
ただ、以前の問題点を如何に解消していくか。
1.「付き合う⇒結婚」という前提が自分の中にある
2.結婚して失敗したときのリスクがでかい
 
2を解消するために、1の前提を変更するしかない。
だから、これを実施すれば良いんだ!
 
(上記プロセス)2.5~6人と付き合いますが、結婚しません
「だれか、私と結婚をしないことを前提に、3ヶ月ぐらいお付き合いしてみませんか?」
 
うん、これで解決!これだね!
 
・・・・これは、ヤバイわ。
男の人は、「面白いじゃん!やってみなよー!!」と冷やかし半分な反応だろう。
男はアホだからね。
 
問題は、女性の方の反応だ。
「ふざけんな!!恋愛をもてあそぶな!人を何だと思っているんだ!」
これは容易に想定できる。
 

問題点

2の唯一の問題点がある。
それが上記の倫理的な問題で、確実に実施されるという前提がない。
 
そう、実施される気がしない!
 
そして、こんなことを言い出しながら、交際を申し込むと、人格を疑われる。
その上、風評被害が出て、表を歩けなくなる・・・・。
 
やってみなくちゃ分からんけど、そのノリとリスクが釣り合わない。
 

名案

そうだ!
だったら逆をすれば良いんじゃない!?
「結婚をしないことを前提に、あなたの点数化のために、3ヶ月ぐらいお付き合いしますよ!私も点数化中ですから!」
これなら、行けるんじゃない?
 
これが、社会的に流行ってお互いの壁を超えやすくなって、幸せ度が高くなる!
日本バンザイ!!!!
 

落とし所

 
という夢を見た。
そうだ、私は居酒屋にいたんだ。
酔ってるんだ。
 
そうなんです。
あなたが幸せになってくれれば、言うことはありません!
 
はい、解散!
 

本音

イヤでもね、実際、すごく楽しいと思うんだよ。
期限付きの交際活動。
 
期待と裏切りの感情に踊らされるんじゃなく、自分と相手の間にあるモノをすごく探るための瞬間
 
自分のホントに欲しいモノを探る為の時間。
本気でちょっと良いんじゃないかと思う。
 
「継続のため」の気遣いではなく、「その場に本気になるため」の気遣い。
 
「打算や妥協のため」じゃなく、「お互いが今の瞬間を本気にコミットする」ことは、人生の決断においてはとても大事じゃなかろうか。
 
この言葉を、このコンテキストで出てきたのは、非常に誤解を招くが、まあ思うよ!
 
あとちょっとした余談
 
そんでは!
夜更かしされる方、おやすみ!
起きて読んで下さった人、おはよう!
お昼の方、おひるねして!
広告を非表示にする