キミ、退屈なんでしょ?

このブログは、「コーチング」「自分の感じるもの・考えること」「自分が変化していく過程」「ああああああああーーーーー!!!という叫び」が中心の、見てくれている人の気付きや、毎日の変化の切っ掛けになる様な、24時間365日出会える、「なかだみきと」のフロントエンドです。

自分を「役割」にはめ込んで、無理していない?

<ちょっとしたお知らせ>

あ、Twitterを始めたよ!
フォローしてちょーだい!

***************

最近ちょいちょい、無理してんなーと感じるときがあって。
 
それで一度、振り返って自分の中を精査してみたの。
 
おかしいなー?」と言う周りをグルグル回って。
 
そこで気が付いたのは、自分を「役割」にはめ込んで、全うしようとしていないか?と言う気付きだった。

 

「役割」

役割っていうのはね、会社での振る舞い方とか、家庭内の行動だったり、飲み会の席での立ち位置だったり。
 
要は、その場で求められていることをするっていうこと。
 
ミッションみたいなもんかな?
 
これがやっかい。
 

安心感

それを設定してるのは、「自分」なの。
 
広く言えば、暗に強要されているのも含めて。
 
それで何で設定しているかというと、「妙な仮の安心感」があるから!!
 
私は基本、外の世界にいるとあまり安心感がないわけ。
 
その安心感を、「役割」に求めようとしているんだ。
 
この場で、「相手が喜んでくれるであろう行為」を行うと、「存在理由」が出来るので。
 
それでやっと「自分がその場にいても良い」ということに自分でOKが出る。
 

疲れる

 
  • 飲み会で相手を楽しませないなら、いる意味が無い
  • パートナーを満足させないと、いる意味が無い
  • 親を喜ばせないと、いる意味が無い
  • 会社で上司に役に立たないと、いる意味が無い
 
例えば上の感じ。
 
根幹にこんな感じが宿っているところから、行動を開始しちゃうの。
 
そうするとね、どっと疲れる!!
 
究極になると、次したくなくなる感じ。
 
すごく無理している感じがある。
 

役割を止める

じゃあどうしましょうか?
 
今はね、「役割」を意識している最中。
 
今なんか役割していないか?って自分に問い掛ける。
 
そうすると、「役割を全うしよう」と、頑張って力んでいる自分がいる。
 
そこに気付いたら、「役割を止めてみる」のだ。
 
相手を楽しませない、満足させない、喜ばせない。
 
肩の力を抜く。
 
ちょっとだけで良い。
 
自分の中で何が起こるかな?
 
恐怖?相手の顔はどんな?案外平気?
 
そこを出たり入ったりしてると、慣れてくるんじゃない?
 
と、今はその途中。
 
その次はきっと、「自分が楽しむ」だと思う。
 
 
吉牛食べたい。
 
 
そんでは!
夜更かしされる方、おやすみ!
起きて読んで下さった人、おはよう!
お昼の方、おひるねして!
広告を非表示にする