読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みきとがわのめせんあ

このブログは、「コーチング」「自分の感じるもの・考えること」「自分が変化していく過程」「ああああああああーーーーー!!!という叫び」が中心の、見てくれている人の気付きや、毎日の変化の切っ掛けになる様な、24時間365日出会える、「なかだみきと」のフロントエンドです。

『角南裕』という朝日が昇る男

<ちょっとしたお知らせ>

あ、Twitterを始めたよ!
フォローしてちょーだい!

***************

ある日、急にFacebookを始め、急速に自分の輝きを放ち始めた男がいました。
 
その後、彼のタイムラインで、ある写真を見かけます。 f:id:kisuke987:20161201202205p:image
 
コレっすね。
 
「鮒谷周史」さんという方が、 『ドラゴン桜』などで有名な漫画家の「三田紀房」さんとのコラボセミナーをしたんです。
 
それを音源化した限定CDを買った人だけに付いてくる特典なんです!
 
ぶっちゃけ、嬉しいかどうかは分からないんですけど。
  
「鮒谷周史」 さんという方は「平成進化論」というメルマガを日々更新されています。
 
ビジネスマインドを行動に結びつけ、ビジネスマンが「行動し続ける」ためのヒントを描き続けています。
 
鮒谷さん自身のハードな行動から得た経験を元に考察し、スペクタクルに言語化し続けた、切れ味鋭い言葉が毎日届いております。
 
ということで、彼のタイムラインを見たとき、「なんで知ってるんだろ!?」って俄然興味が沸いたんです。
(私も写真の特典、持ってるんです)
 
これはすぐお話を伺わなきゃ!ということで、先日、ご無理を言ってスケジュールを確保して頂き、お話を伺ってきました!
 
彼の名前は角南 裕といいます。
 

  

角南裕

 
実は、以前何度か勉強会でお目にかかっていますので、初めましてというわけではなかったのですが。
 
中々、ゆっくりお話しすることもなかったのです。
 
正直、日々どんなことを考え、どんな活動をしているのか、知らなかったのです。
 
 
改めてお会いする人でも、いつでも少し、自分の中に緊張を感じます。
 
角南さんと予約していた店でお会いし、席に着き、飲み物を注文します。
 
すると、すぐさま彼は「朝日が昇るがごとく」、話を始めてくれました。
 
 

角南裕の話

 
知られざる彼のワールドの始まりです!
 
  • 様々な立場の方の就職支援
  • 限りなく多くの人に出会う
  • 舞い込んだ講演の依頼
  • 会社や地域の人々への感謝と関わり
 
「自分の活動」や「周りの人々に対する想いや願い」をエネルギー全開で話してくれます。
 
聴いていると、話す言葉や口調は、熱というより、まるでのようで。
真っ直ぐで、「純度の高さ」 が感じられるんです。
それと同時に、「嬉しさ」「喜び」みたいな感情が顔を覗かせます。
 
 
途中で、彼は自分のことを「スーパーポジティブ」と呼んでいました。
 
それを聞いて、「物事の良い面に強い光を当てる」ことが好きなんだなーと感じました。
 
 
そして、次第に次のように思い始めます。
 
  • そのアホみたいな自信はどこから生まれてくれんだろう?
  • 彼のその源流はどこからだろう?
  

角南裕という人間

 
世界を変えられることの証明」として、行動しているようにも見えます。
 
雁字搦めな世界を見て、スゴくつまらなさを感じているのかも知れません。
 
そのことが、彼を行動へのループに駆り立てている。
そんな風に思わせてくれました。
 
 
そんな彼の行動や活動は、まるでライブのステージダイブ 」!
 
自身の持ちうる限りのリソースを、五体投地のごとく社会に投入していくスタイルです。
 
 
凄えなと思うと同時に、やばい人だなーということを確信します。
 
過去の話や日常を聞くと、段々ネジが飛んでいることに気付くんですね。
 
ネジが飛ぶと言えば、そうです、です。
 
 
ネジの飛んでさ加減が、スゴくよく似ていました!
 
何となく、お話を聞いてみたくなった理由が分かった気がしました。
 
 
分からない
 
ただ、最後まで、彼の食べる分量がよく分かりませんでした。
 
いつも推し量りながら、ペースを見て注文しているのですが。
 
お腹いっぱいなのかな?と思えば、結構最後まで料理の注文をしていたので、そこら辺は掴めませんでした。
 
そのことばかりは残念でなりません。
 
 

朝日の男、夜の闇に佇む

 
角南さんは車で来ていらして、わざわざ家まで送って下さいました。
 
車に乗るとき、彼は冗談めかして、「夜のドライブ行きますか!」というのです。
 
なぜなら、よくブログを見られているから。
  

 

いつもなら、「喜んで!」と言いたいのですが、翌日は朝から忙しかったので、残念ながら叶いませんでした。
  
 
Norah Jonesを流した車内での角南さんの雰囲気は、お店とはまた違った、落ち着きを払った空気をまとっていました。
 
一番、プライベートに近い状態だったかも知れません。
 
今度夜のドライブに向かえば、もう一つの彼の顔に出会えるかも知れないな-と感じました。
 

彼のFacebook

彼のFacebookの基本情報には、次のように書かれています。
角南裕さんの自己紹介
フェイスブック始めました!
マッタリと楽しみます(^^)
 
全然、まったりなタイムラインじゃないです!
 
その男、看板に偽りあり。
彼の活動は、言葉や既成概念に縛られません。
 
今後、やらかしてくれることに、期待せざるを得ない人です!
 
ちなみに、角南さんの方が先輩です。
 
ということで、食べることよりも話すことが大好きなお方にお会いしました!
 
そんでは!
夜更かしされる方、おやすみ!
起きて読んで下さった人、おはよう!
お昼の方、おひるねして!
 
広告を非表示にする