キミ、退屈なんでしょ?

このブログは、「コーチング」「自分の感じるもの・考えること」「自分が変化していく過程」「ああああああああーーーーー!!!という叫び」が中心の、見てくれている人の気付きや、毎日の変化の切っ掛けになる様な、24時間365日出会える、「なかだみきと」のフロントエンドです。

道がわからない不安

不安なことがある。 僕が一番嫌なのは「道順がわからないのに動き続けている状態」なんだ。 近い距離であればいいんだけど、「あっち行ってー、こっち行ってー」って延々言われ続けること。 そんで、「そっちじゃない!」って言われると、めちゃイライラする…

箱に入れたい

色んな事が起こり続けている。 でもなんとなく、心の中に残らない。 まるで地面に、おもちゃやゴミが散らばった状態。 大事にしたいものを、できていない感じ。 そしてどうしていいか、わからない状態。

僕は幸せ

僕は幸せなんだ。 昔の僕なら、「そうじゃない人と比べて」っていい方をする。 でも今はそうじゃない。 とんでもなくじゃないけれど。 たしかにそこに、幸せはあるんだ。

決めつけが生む悪

ある人のことを、少し悪く思ってた。 それも仕方ないことなのかなと。 怒りより、やるせない気持ちが強かった。 もう好きにすればと、諦めにも似ていた。 でも、それは行き違いだと分かった。

大事にしているものを、受け継ぐ

昔から、父とあまり会話をしてこなかった。 特に、会社を継いで欲しいとも言われなかった。 それでも、僕は今、何かを受け継いでいる。

相手を傷付けたくない?

僕の中にある、「怖がり」な気持ち。 相手が怖い。 僕は、何か言われるかもしれない。 怒られるかも。 責められるかも。 そう思っていた。 でも、ほんとに怖いのは、「相手からされること」じゃなく、「自分が傷付けること」かもしれない。

わかってるけど、わからないふり

よくすること。 わかってるけど、わからないふり。 何でだろう。 その「ふり」したいんだ。

理由を探さない

すんごい、色々理由を探してしまう。 アレが出来ないのは、これが原因だ。 これをしたかったのは、何だっけ? でも、それ逆に、エネルギー失わせてない?

我慢して生きる

我慢して生きる。 それはそれで、自分を守ることが出来て安心だ。 なにも、愚図で意気地無しなんて思わない。 誰だって、怖くなったり、躊躇ったりするもんだ。 そして、自分自身を守らなきゃいけないときもあるんだ。

経験しかない

僕は、人にしてあげられることで、最大の価値あることは、「経験」だと思う。 知識やモノ、金よりも。 一番、尊い。

意見が対立する時、どうする?

この前言われたんだけど。 「意見が対立する時、どうするの?」って。 例えば、部下が意見を言ってきたけど、自分の意見とは全く違う内容だった時。 さあ、どうする?

「墨攻」というパラダイム

昔、岡山大学で周辺にあった店「ぺぇるめえる」。 先輩に連れて行ってもらって、それからよく一人で行ってた。 んで。 そこに置いてあった「墨攻」って漫画。 その漫画、結構衝撃的だった。 僕にとって、パラダイム。

夜活は陰キャの証

ついつい夜更かししてしまうんだけど。 これは陰キャだね。 何か、思考が鬱々としてしまうんだ。 いかんね。

仕事の話がしたい

僕の尊敬する先輩の社長さん。 たまにその人のとこに行って、話をして帰る。 そうするとね、3時間ぐらいたったりしてるんだよね。 でも、全然話し足りないの。

受け取る愛と、与える愛 【万引き家族】

映画『万引き家族』を観て。そこからインスピレーションを受けて考えたこと。(内容については触れてない!!)

他人に迎合する

僕は、人見知りだ。 それは、性質なのか、資質なのか、弱さなのか、分からない。 一時期、僕は「人見知りを克服した!」と思っていた。 でも、心の蓋を開けてみると、「対人技術」は向上したが、「人に怯える心」は相変わらずなんだ。 それを置いてきたまま…

身体が嫌がっているんだ

僕は、基本的に我慢弱い。 嫌なことがあったら、「いかに逃げるか」ばかり考えている。 我慢強い人ってのは、障害があっても、それに耐えながら、進みたい方向に進む人だ。 僕は、進みたい方向に進めなくなる。 でも、気持ち的には前に進めない。 そこでいつ…

男子の心を装備した!

きっかけは端折るけど。 僕は今、男子の心が大事なんだ。 「これかっこいい!」 「これいいなー!」 そんなのを、素直に思って、言える感覚。 それが、今ないのさ。

いたたまれない瞬間

「かつや」行ってきて。 19時ぐらい。 www.arclandservice.co.jp かつやにて 以下、入ってからの、心の中。

考えすぎる

ひょっとしてさ、周りの人は、あんまりなんにも考えてないの? そして、あんまり覚えていないの? 僕は、どうやら異常に気にして、異常に覚えているかもしれない。

頭のゴールと現実の一歩

「こうしたいな」と頭で思う。 その実現に向かって色々やってみる。 妄想の中では、色んなことが都合よくシンクロを起こして、ハイスピードで実現する気分になる。 でも現実は、やった分だけしか進まない。 途中で、その想いも、信じたことも、全て疑うレベ…

本物の自由

僕は、自由が好き。 自由でありたいんだ。 心で描いたことが、そのまま実現する状態。 そんな自由が好きなんだ。

感覚頑固一徹

昔から、「自分の感覚の細やかさ」を優先させてきた。 だから、他人の振る舞いや、雑な言葉が気になってた。 それに、どうして良いかわからず、ただおどおどするばかりだった。 ただ、それは間違いじゃない。 僕は、「目に見えないもの」も大事にしていきた…

上を向いて歩こう(割とマジで)

整体の先生に言われた。 「深呼吸できてないですよ!」 「それは横隔膜が硬いからですよ!」 「そしてそれは、顎が下がってるからです!!」 そう言われて、「そうなんだ~」と素直に納得した。

ますたーでーた

会社の資料とか、PC内を整理していると、個々人が作ったデータが山積している。 そうすると、どのデータを加工して良いか分からなくなる。 だから必ず、正式な元データ「マスターデータ」を用意しとかなくてはいけない。

面倒くさいの裏側

僕の悩みで、「めんどくさい」とよく思うことがある。 とりあえず、何かにつけて思う。 思うと、やりたくなくなる。 実際やらないときもある。 これは何だろうか?

蝉が鳴き始めた

今年も蝉が鳴き始めた。 夕方鳴いてたから、「お、ひぐらしかな!?」って思ったけど、ミンミン蝉だった。 ひぐらし、好きなんだよね。 なんか、鳴く空気感が。

「こうして欲しい」と「こうしてあげたい」のズレがMAX

向き合った相手と、上手くいかない。 そんなとき、お互いの何かがズレている。 そう感じるんだ。

経験こそが宝

テレビをぼんやり見ていると、「副業」に関する特集が。 もう「仕事」は、生きるため以上の意味を持ち始めている時代になっている。 そんなふうに感じる。

自分が自分に一番優しくない

みんな、なんで自分に優しくしてくれないんだろう!? 私、こんなに頑張ってるのに! そう思うときあるよね。 よくあるわ。 そんで疲れ切ってしまう。 みんなのせいだ!私は悪くないのに!って。